fbpx

子連れファミリーに人気の福島・郡山カルチャーパークをご紹介!子供が喜ぶ無料の遊び場、東北旅行2日目にオススメの観光地、子供が楽しめる宿も併せてご紹介します。

連休には家族で東北旅行を楽しもう!今回は関東からの2泊3日の東北旅一日目として、子連れファミリーに人気のレジャー施設、福島県の「郡山カルチャーパーク」をご紹介。遊園地やプール、屋内の遊び場、利用料金やアトラクション、休憩所など詳しく解説します。東北旅行2日目にはオススメの宮城県の観光地と、子供が楽しめる宿も併せてご紹介しますので、連休を利用した東北へのファミリー旅行の際はぜひ参考にしてください。

※この記事は2022年9月9日(金)公開時点での最新情報です。

目次

  • 【関東方面からの東北へのファミリー旅行1日目におすすめの観光地】
    福島のファミリーレジャースポット「郡山カルチャーパーク」
  • 福島・郡山カルチャーパークにある施設
    • カルチャーセンター
    • ドリームランド
    • 屋内子どもの遊び場
    • プール
    • 創作広場
    • ゲートボール場
  • 子連れファミリーにおすすめの遊園地「ドリームランド」
    • ドリームランド入園料金
    • 開園時間・休園日
    • アトラクション
    • レストラン
    • トイレ・休憩場所
    • アクセス・駐車場
  • 関東方面からの東北旅行2日目におすすめの観光地
    • みやぎ蔵王
    • 仙台・松島
    • 宮城の絶景紅葉スポット
    • 松島のグルメ・王道観光地
    • 蔵王キツネ村
    • 宮城県南エリア
  • 子連れファミリー旅行におすすめの宿 ゲストハウス66
  • ご予約はこちら

【関東方面からの東北へのファミリー旅行1日目におすすめの観光地】

福島のファミリーレジャースポット「郡山カルチャーパーク」
郡山カルチャーパークは福島県郡山市にあり、総面積約21ヘクタールの広大な敷地の中に、遊園地やプール、体育館、貸会議室などがある複合施設です。屋内で遊べる施設もあるため、雨の日のお出かけ先としてもオススメです。

郡山カルチャーパークのすぐ近くには地元の農産物やお弁当、お総菜などを購入できる「あぐりあ」もあります。買物や地元グルメも満喫でき、大人も子供も楽しめるエリアとなっていますので、東北にお出かけの際はぜひ両施設をチェックしてくださいね。

郡山カルチャーパーク 公式サイト
あぐりあ 公式サイト

福島・郡山カルチャーパークにある施設

郡山カルチャーパーク内の各施設をご紹介します。

◆カルチャーセンター

カルチャーセンターには展示室やアリーナ、会議室、和室、工作室があり、多目的な利用ができます。誰でも気軽に利用可能です。
カルチャーセンター利用案内ページ

◆ドリームランド

ジェットコースターや観覧車など、人気アトラクションが揃ったコンパクトな遊園地です。入園料は無料でアトラクションごとに料金を支払うため、乗りたいアトラクションだけ気軽に利用することもできます。
ドリームランド 利用案内ページ

◆屋内子どもの遊び場

郡山カルチャーパーク屋内子どもの遊び場(郡山市) – 郡山市公式ホームページ

雨の日でも天候を気にせずに、人工芝が敷かれた大きな広場で竹馬やソフトバレーボール、バランスボールなどが楽しめる遊び場。キッズスペースや授乳室も完備されています。
屋内子どもの遊び場 利用案内ページ


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

東北旅行の際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


◆プール

郡山カルチャーパーク(郡山市) – 郡山市公式ホームページ

夏の人気施設は、長さ最大96.5メートルあるウォータースライダーが名物のプール。幼児プールもあるので小さなお子様連れでも安心して楽しめます。お盆シーズンなど繁忙期には、入場制限をしているため、事前に整理券を手に入れましょう。
プール 利用案内ページ

◆創作広場

芝生が一面に広がる創作広場では、レジャーシートを広げたり、簡易的なテントを立ててピクニックを無料で楽しめます。広場内にある「やすらぎの水辺」では水遊びもできますよ。
創作広場 利用案内ページ

◆ゲートボール場

ゲートボール場 | 郡山カルチャーパーク

郡山カルチャーパークのゲートボール場は、無料で利用できます。用具等は持参する必要がありますが、誰でも気軽に利用できるスペースです。

子連れファミリーにおすすめの遊園地「ドリームランド」

郡山カルチャーパーク内でも、季節を問わず楽しめる人気施設「ドリームランド」の情報をご紹介します。

◆ドリームランド 入園料金

ドリームランド内は入場料無料で利用でき、アトラクションに乗る際は別途使用料が必要になります。何度でもアトラクションが利用できるフリーパスも販売しています。
・フリーパス:大人1,200円 / 小中学生1,000円 / 4歳~未就学児700円
・のりもの綴り券(100円券×11枚):1,000円

◆開園時間・休園日

時期により開園時間が異なりますので、予め日程を確認して向かいましょう。

<開園時間>
①午前9時30分~午後4時30分まで(3月中旬~11月末、3月中旬~3月末)
②午前11時00分~午後3時00分まで(12月初旬~翌年3月中旬までの土・日曜日、祝日のみ)

<休園日>
・月曜日(月曜が祝日の場合、翌日以降の平日)
・年末年始(12月28日~1月4日)
・12月1日~翌年3月17日までの平日

◆アトラクション

ドリームランドでは、下記11個のアトラクションを楽しめます。

<料金:大人300円 / 子供200円>
・ジェットコースター
・ゴーカート

<料金:大人200円 / 子供100円>
・グレートポセイドン
・豆汽車
・パラトルーパー
・コーヒーカップ
・サイクルモノレール

<料金:大人・子供100円>
・チェーンタワー
・メリーゴーランド
・観覧車
・ミラーハウス


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

東北旅行の際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


◆レストラン

カルチャーセンターに隣接しているレストラン「メリーゴーランド」ではラーメンやカレー、かき氷、福島グルメなどを楽しめます。テイクアウトをして創作広場や園内の休憩スペースで食べることもできますよ。その他、軽食を販売している売店も園内にあるので、ランチやおやつにも困りません。

◆トイレ・休憩場所

ドリームランド内にはトイレが3ヶ所、屋根がついたレストハウスや休憩スペースが4ヶ所あります。園内で思い切り遊んだ後や、暑い日の休憩もゆっくりと取ることができます。

◆アクセス・駐車場

郡山カルチャーパーク・ドリームランドへのアクセスは、郡山南インターから車で約5分。ドリームランドの駐車場は郡山カルチャーパークと共同利用で約2,000台分無料で駐車可能です。

公共交通機関でお越しの際は、ドリームランド開園中の、土・日・祝日のみ運行している郡山駅7番乗り場発、山根町経由カルチャーパーク行きをご利用ください。
<バス時刻表>
・郡山駅前→ドリームランド 土・日・祝日
9:45 / 12:45 / 15:45 発(運賃:500円)
・ドリームランド→郡山駅前 土・日・祝日
10:15 / 13:15 / 16:15 発(運賃:500円)

【関東方面からの東北へのファミリー旅行2日目におすすめの観光地 】

関東方面からの初日に郡山カルチャーパークで遊んだ後は、いざ宮城へ。ファミリー旅行の2日目にオススメしたい、スタッフ一押しの宮城の観光地をご紹介します。

◆みやぎ蔵王

宮城県有数のリゾート観光地であるみやぎ蔵王は、子連れで楽しめるレジャースポットが多数あります。下記の記事でおすすめスポットをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

子連れみやぎ蔵王観光にオススメ!蔵王で子供が楽しめる観光スポットや遊び場、グルメ・ランチスポット、子供が喜ぶ宮城県南の宿をご紹介

◆仙台・松島

東北旅行に外せない観光地といえば仙台・松島エリア。青葉城址や瑞巌寺などが有名な観光地ですが、日本三景の松島を満喫できるアクティビティも豊富にあります。東北に来た際は、子供と一緒に楽しめる宮城県内のアクティビティもぜひお楽しみください。

宮城県の夏向けレジャーアクティビティをご紹介

◆宮城の絶景紅葉スポット

紅葉の景色が日本一とも称される栗駒山をはじめ、宮城には魅力的な紅葉スポットが多数あります。子供の頃に親に連れて行ってもらった景勝地って、大人になっても覚えているものですよね。筆者も小さいころに親と訪れた蔵王の紅葉の記憶が、今でも思い出されます。そんな秋の行楽シーズンのお子さんとの思い出作りには、紅葉の宝庫、宮城がオススメです。以下の記事では、車でもアクセスしやすいスポットや、短時間のトレッキングを伴う場所などをご紹介しています。お子様の年齢に合わせて紅葉狩りスポット選びのご参考にしてはいかがでしょうか。リンクの記事はツーリング向けに編集してありますが、お車の場合でも問題なく参考にしていただけますよ。

宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介

◆松島のグルメ・王道観光地

松島で味わえるグルメや観光スポットの情報です。情緒たっぷりの松島のお寺や庭園、お子様も喜ぶパンやカフェなどゆったりとした松島観光をしたいファミリーにおすすめです。

昔の文化人も愛した観光地で、王道スポットから穴場グルメまでご紹介

◆蔵王キツネ村

InstagramやYouTubeで世界的に有名になった宮城県蔵王のキツネ村。間近できつねを見ることができるので、お子様連れに大人気です。きつねを抱っこしての記念撮影は家族旅行の思い出づくりにおすすめです。

SNSで世界的に広まった宮城蔵王にあるキツネ村。宮城県角田市の宿から、キツネ村へのアクセス(車で30分)をご紹介。

◆宮城県南エリア

宮城県南地域には鮮やかな四季を感じられるスポットがあります。絶景を楽しむことができる白石川堤一目千本桜、蔵王のお釜を始め、全国的に有名になった角田市の西根田んぼアートなどを下記の記事でご紹介します。定番から穴場スポットまで、ファミリーで宮城県南地域を楽しめる事間違いなしです。

宮城県南地域のオススメ観光スポットをご紹介

子連れファミリー旅行におすすめの宿 ゲストハウス66

ファミリーで東北旅行をする際は、子供が楽しめる宿を利用しませんか。郡山カルチャーパークから約1時間半の場所にあるゲストハウス66は、子連れファミリーに人気の宿で、東北旅行の拠点としてもオススメしております。

◆子供が喜ぶ秘密基地のような宿

ドミトリールーム
ツインルーム

ゲストハウス66はコテージのようなナチュラルで落ち着く雰囲気。一方で、子ども達にとっては、まるでワクワクする秘密基地のように感じるそう。お子さんの思い出に残るような宿です。

◆広々としたミニキッチン・リビングスペース

共有スペースのミニキッチンとリビングルーム。ミニキッチンにはIHヒーターや、鍋、食器など調理器具が一式揃っているため自炊も可能です。


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

東北旅行の際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


◆南東北の観光に便利な立地

ゲストハウス66は東北旅行の拠点としてオススメしております。ゲストハウス66がある、宮城県角田市は宮城有数の観光地である蔵王町まで約30分、仙台・山形方面へは約1時間ほどの距離です。旅行2日目の日程にも困りません。

◆リーズナブルな料金で一棟貸切

ゲストハウス66は28,000円〜貸切利用ができます。子連れの方も貸切ならまわりを気にせずご宿泊いただけますよ。
一棟貸しプランの詳細はこちら

◆夕食は宿から徒歩1分Restaurant&Bar Panchで

ゲストハウス66から徒歩1分の場所には、地場食材を楽しめる隠れ家レストラン「Restaurant&Bar Panch」があります。お子様連れにもおすすめの定食メニューもございます。
※火、水曜日は定休日となりますのでご注意ください。

ゲストハウス66の予約はこちら

子連れファミリー旅行で行きたい郡山カルチャーパーク・東北旅行2日目におすすめの観光地をご紹介しました。ご家族で東北に出かけてみてはいかがでしょうか。ゲストハウス66は、あなたの東北旅を全力でサポートさせていただきます。


宮城県南のご当地アイスクリーム特集
宮城・仙台のオススメご当地ドリンク特集
西根田んぼアート特集

  • コメント: 0

関連記事

  1. 宮城のゲストハウス66周辺のコロナ対策の取組みを行っている有名観光地をご紹介。穴場の宮城県県南エリアをこの機会に満喫されてはいかが。

  2. 秋の宮城・山形紅葉ツーリングにおすすめ「みちのくおとぎ街道」特集。おとぎ街道沿いの観光スポット・グルメ・東北ツーリングにおすすめのライダー歓迎宿をご紹介します。

  3. 秋の道の駅かくだは魅力的なイベントが沢山。秋のイベントご紹介シリーズ①「食と農・プラスの学びの旅」納豆工場 里芋掘りと「あぶくま納豆」工程見学

  4. 宮城県南地域の田園風景は一味違う。あなたの旅に合う田園風景マリアージュを探す旅。旅、観光の拠点として最適な中継地、ゲストハウスの紹介も。

  5. 宮城県南地域のオススメ観光スポットをご紹介します。定番から穴場スポットまで、ここに行けば間違いなし。イチオシ観光スポットをご紹介します。

  6. 子連れみやぎ蔵王観光にオススメ!蔵王で子供が楽しめる観光スポットや遊び場、グルメ・ランチスポット、子供が喜ぶ宮城県南の宿をご紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。