fbpx

仙台から車で1時間、週末登山おすすめスポット。宮城県南部、360度パノラマの絶景ポイントからスタートするトレッキングコースをご紹介

東北百名山、とはいかないまでも、運動不足やストレス解消のために、気軽な登山を楽しまれている方は多いのではないでしょうか。本記事では、宮城県角田市にある穴場トレッキングスポット、四方山の魅力をご紹介します。太平洋から蔵王連峰まで360度見渡せる絶景と、自然溢れるトレイルに癒される旅に、週末出かけてみませんか。

※ 記事は2020年11月23日公開時点の最新情報です

目次

  • 360度パノラマ 宮城を一望できる四方山
  • 四方山トレッキングにかかる時間、必要な装備
    • 山頂から山頂へ、非日常なトレイルを体験
    • 必要な装備
  • 四方山~黒森山 プチトレッキングルート詳細
    • 四方山山頂まで
    • 山頂から黒森山
  • 周辺スポット紹介
    • やまもと夢いちごの郷
    • 道の駅 かくだ
    • クラフトビールレストラン シンケンファクトリー
    • 宮城県最古の木造建築 高蔵寺
    • 古民家を改築したベーカリー ほーりーぱん
  • 四方山トレッキングの宿にオススメ ゲストハウス66
    • 四方山、その他紹介エリアは車で30分圏内
    • 選べる二つの部屋タイプ
    • 地元食材が楽しめる系列レストラン
  • ご予約はこちらから

360度パノラマ 宮城を一望できる四方山

四方山は角田市、山元町、亘理町3つの町にまたがる里山です。標高は272mと高くはありませんが、頂上にある展望台からは、太平洋から蔵王連峰、仙台平野に至るまで360度(四方)景色を見渡すことができます。天気のいい日は、金華山まで見通せるほどです。主な登山口は亘理町、山元町にあり、頂上までは約30分ほどと、山登り初心者の方でも挑戦しやすい山です。


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

四方山周辺には、トレッキング以外にも魅力的なスポットがたくさんあります。泊りがけでそれらのスポットを巡って、週末のプチ旅行を充実させてください。ゲストハウス66の空き室状況は下記リンクよりご確認いただけます。


四方山トレッキングにかかる時間、必要な装備

◆山頂から山頂へ、非日常なトレイルを体験

登山というと、山のふもとから山頂を目指す行程をイメージしますよね。
四方山ももちろんそういったルートがありますが、特徴は北に向かって亘理町愛宕山まで、尾根伝いにトレイルが続いている点です。一度に複数の山を歩く、いつもとは違った登山が楽しめます。ご自分の体力に合わせて、スタート地点や、折り返し箇所をプランニングするのも登山の醍醐味です。

◆必要な装備

頂上付近は風が強く吹き付けます。ウィンドブレーカーをはじめとする長袖長ズボン、山登り向けの基本的な装備がおススメです。靴は足首までしっかり守ってくれるハイカットシューズを選びましょう。木の根と根の間を縫うように登る場所もあるので、普通の運動靴はやや不安です。

四方山~黒森山 プチトレッキングルート詳細

四方山頂上付近までは車で行けます。展望台のすぐ下に車を停められるので、そこからスタートしましょう。

◆距離及び時間

距離:1.4km
所要時間:ゆっくり歩いて40分
途中道幅が狭い所や、30度以上の傾斜が続く道もあり、アップダウンに富んだルートです。物足りなさを感じて、もう少し距離を伸ばしたい方は、山元町HPで掲載されているマップをチェックしてみてください。
四方山登山ガイドマップ

異なる森の様子 二つの山を同時に楽しむコース

四方山は比較的広葉樹が多く生えています。秋からの季節では紅葉が終わった落ち葉を踏みしめながら、木漏れ日がさす山道を歩くととても気持ちがいいです。

一方黒森山は、その名の通り黒い森、針葉樹が多い林道を縫うようにコースが続きます。足場が狭いところもありますが、マツに絡むツタや、光が入りにくい山ならではの植物も見られ、登山者を飽きさせません。

三角点に到着すると、角田市側の里山を見下ろす景観が、眼下に広がります。

里山の山頂から、山頂まで歩くというのは中々できない経験です。里山の豊かな自然が残る仙南エリアへ、ぜひ週末旅行に出かけてみてください。

四方山 周辺スポット

◆やまもと夢いちごの郷

いちごの名産地、山元町の道の駅は、町内外から多くの人が訪れる人気スポットです。海辺の町なだけあって、鮮魚はもちろん、はらこ飯や牡蠣ごはんなど海の幸を使ったお惣菜が目玉商品となっています。フルーツを使ったスイーツも充実しています。果肉たっぷりのイチゴジェラート¥450は、イチゴの甘酸っぱさと、種のプチプチ食感が後を引き、冬でも食べたい一品です。

◆道の駅 かくだ

2019年4月にオープンした、県内で2番目に新しい道の駅です。角田市内で収穫された新鮮な野菜や、近隣の町で作られた加工品がずらりと並びます。フードコートでは、イタリアから直輸入した薪窯で焼かれるピザが人気を呼んでいます。角田市の名産、秘伝豆という枝豆を使ったピザや、季節限定メニューもあるので、お気に入りの1枚を見つけてください。

◆クラフトビールレストラン 仙南シンケンファクトリー

出典:JAみやぎ仙南

シンケンファクトリーは、JA直営のクラフトビールブルワリーです。阿武隈急行角田駅のすぐ裏手、ヨーロッパ風の建物がレストランになっています。一番人気は国際品評会で金賞を受賞した、ヴァイツェンです。苦味が抑えられて、女性に人気のイメージが強い小麦のビールですが、こちらが提供するのは、本場ドイツで飲んでいるかのような本格的なもの。オーセンティックなビールが好きな方に、ぜひ試してほしい一杯です。
他にもササニシキIPAといった、地元のお米を使ったビールや、JAPANXという蔵王町で育てられた豚肉のステーキなど、南東北の味覚が味わえるレストランです。

現在コロナウィルス対策で、営業はお昼に限られています。夜は完全予約制です。詳しくはレストランに問い合わせてみてください。
TEL: 0224-61-1150

◆宮城県最古の木造建築 勝楽山 高蔵寺

奥州藤原氏の歴史を伝える遺構が、角田市にあるのはご存知ですか。高蔵寺は1177年に、藤原秀衡の妻により建立されました。平安時代から続く建造物は全国に26と少なく、阿弥陀堂はその内7か所、と更に限られます。
カヤの群生林を抜ける参道から、辺り一帯がどこか神聖な空気を纏っているように感じられます。東北三大阿弥陀堂の一つに、訪れてみてはいかがでしょうか。

ご本尊である全長51.8m、阿弥陀像拝観には事前予約が必要です。詳しくは寺院に問い合わせてみてください。

関連サイト
拝観料:300円

◆古民家を改築したベーカリー ほーりーぱん

角田市街から車で約10分、田んぼ道を抜けた住宅街に、古民家を改築したベーカリーがあります。ご店主の堀畑さんは、岩手県久慈市から角田に移住された、元イタリアンシェフという、異色の背景を持つ職人さんです。おすすめは、パンに使う水分全てに牛乳を使用した牛乳パンです。ミルクの甘味がふんわり広がる、しっとりとした優しい味わいのパンで、朝食はもちろんおやつにもぴったりです。テイクアウトのコーヒー等も販売されているので、マイボトルを持参して、山頂で飲むひと時をお楽しみください。

定休日:水、木
営業時間:11:00~16:00
公式facebook

四方山トレッキングの宿お勧め ゲストハウス66

都市部から車で約1時間走れば、豊かな自然の残る里山でトレッキングが楽しめます。その他ご紹介したスポットにもアクセスしやすい宿が、阿武隈急行角田駅の目の前にあります。

◆四方山、その他紹介エリアは車で30分圏内

今回の記事でご紹介した場所は、全て宿から車で30分圏内です。また、シンケンファクトリーを始め、お酒を飲めるスポットは徒歩圏内にあるため、車で来ても安心です。ゲストの方は、駐車場を無料でお使いいただけます。

◆選べる二つの部屋タイプ

ツインルーム:¥4,800~

ソファもございますので、部屋内でもゆっくりくつろいでいただけます。

12畳ある広い個室で、ゆったりお休みいただけます。シングルベッドが2つありますが、お一人様からのご予約も大歓迎です。2020年現在、ワーケーション等で人気のお部屋タイプです。

男女混合ドミトリールーム:¥2,800~

それぞれのベッドは、カーテンとボードでプライバシーが確保できます。

宿代を安く抑えて、お食事やアクティビティを楽しみたい方にお勧めのお部屋です。各ベッドの枕元に、照明、コンセントをご用意しておりますので、携帯電話の充電等心配ございません。
現在、感染拡大予防策として、最大人数を2名様までとさせていただいております。それでも、お部屋が同じになった方同士で会話が生まれる、ゲストハウスの醍醐味はそのままに、ゲストの方はお部屋での滞在を楽しまれています。

◆地元食材が楽しめる系列レストラン

ゲストハウスのオーナーは、実はこの地で20年のキャリアを持つ料理人です。
徒歩1分の場所に、系列のレストランを運営しています。開店以来の一番人気は地元の銘柄鶏、レッドウォーカーの炭火焼鳥です。他にも、オーナー自身でブランディングを手掛けた、地元で生産される鴨肉や、地元農家の方から仕入れる野菜など、地場産食材へのこだわりがつまった料理が味わえます。南東北の地産地消が体験できるレストランで、お腹も心も満たされてください。

ご予約はこちら

いかがでしたか。今回は、仙台から車で1時間の角田市で、自然溢れる里山トレッキングルートと、周辺のお勧めスポット、拠点にしたい宿の魅力をご紹介しました。思うように県外の旅行に行きにくい今だからこそ、地元の魅力を再発見するプチ旅に、この週末出かけてみませんか。
この記事を見て、ゲストハウスが気になった方は、下記バナーよりお問い合わせください。南東北で皆様とお会いできますことを、心よりお待ちしております。


全線復旧の阿武隈急行の運行状況や記念イベント、沿線の観光スポット紹介
宮城週末1泊2日サイクリング旅 熊野三社と奥の細道を辿るコース 前編
宮城ツーリング、サイクリングの休憩場所に最適な道の駅かくだをご紹介

関連記事

  1. シャキシャキの歯応えが美味しい仙台名物せり鍋。日本のハーブであるセリを、余す事なく根っこまで食べる鍋です。この冬セリ鍋で暖まってはいかが?

  2. 東北の有名ブランド豚を食べ比べ。宮城県南部にある大人の雰囲気漂うレストランで、身も心も温まる新しいコースメニューがスタート

  3. マツコの知らない世界でも放映で話題のご当地缶詰ブーム)宮城のご当地絶品グルメ缶詰をご紹介します。東北の隠れた名産品をぜひご賞味ください。

  4. 宮城ツーリングでオススメ仙台周辺のラーメン特集)バイク駐車場も完備で、ライダーに優しいラーメン店を厳選しました。

  5. 宮城・蔵王のツーリング、サイクリングでオススメのグルメ情報をご紹介。駐車場完備で、旅の道中に休憩で立ち寄れるランチのお店を厳選しました。

  6. レストランの旬の食材ブログ|パンチ厳選の食材や期間限定メニューをご紹介