fbpx

宮城県南地域の観光モデルコースをご紹介。自然、歴史、食べ物などの内容を日帰りコースと1泊2日コースに分けてエリア毎でご紹介します。

宮城県南地域は四季折々の風景や、地場産食材を堪能できるスポットが沢山あります。宮城県南地域といってもエリアは広く、どこに行くのがおススメなのか知りたいという方のために、宮城県南地域のオススメの観光モデルコースをご紹介します。

※ 記事は2019年9月11日公開時点の最新情報です。

目次

  • 宮城県南地域をご紹介
  • 日帰り観光モデルコースをご紹介
    • 山、河の大自然に癒される 角田 丸森エリア
    • 宮城県南の大自然を満喫 蔵王 川崎エリア
    • 県内屈指の桜の名所 柴田 大河原 村田エリア
  • 1泊2日観光モデルコースをご紹介
    • 県南の自然景観を満喫コース
  • まとめ

宮城県南地域をご紹介

宮城県南地域は四季折々の風景や地場産品を楽しむことができる観光スポットが沢山あります。春の桜を始め、秋の紅葉、冬の雪景色など、県南地域には県内屈指の自然景観スポットがあります。今回はその中でも厳選した観光モデルコースをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

日帰り観光モデルコースの紹介

山、河の大自然に癒される 角田 丸森エリア

最初にご紹介するのが、東北第二の大河である阿武隈川と自然溢れる山々の景色を体感することができる角田 丸森エリアです。”宇宙のまち”角田市で宇宙体験や、自然豊かな丸森町で地場産ジェラートを食します。最後は日帰り温泉に浸り、日々の疲れを癒すコースです。

角田市スペースタワーコスモハウス

”宇宙のまち”として有名なのが角田市です。角田市のシンボルといえばH-Ⅱロケットの実物大模型があるスペースタワーコスモハウスです。ここではレプリカの宇宙服を着て記念撮影したり、展望台デッキから市街を眺望する事ができます。特に全長49m、直径4mの日本初の純国産型ロケット実物大模型は下から見ると圧巻です。宇宙服を着用して宇宙飛行士気分を体験してみましょう。

  • 名称:角田市スペースタワー コスモハウス
  • 住所:宮城県角田市角田牛舘100
  • 電話:0224-63-5839
  • 料金:一般・高校生320円 中学生以下無料(※コスモハウス展示館は無料)
  • 定休日:火曜日
  • アクセス:阿武隈急行角田駅から車で5分
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、施設のホームページを参考にして下さい。

道の駅かくだ

2019年4月に角田市に新たにオープンしたのが道の駅かくだです。地元生産者の新鮮な農産物や、角田市特産品の梅干しを始めとした加工品、県南地域の特産品等を取り揃えています。フードコートも隣接されており、角田、丸森産牛乳を使用したソフトクリームや、イタリア直輸入石窯で焼き上げた本格イタリアンピザ等が人気のメニューです。ちょっとした休憩や、お土産を購入するのにおススメのスポットです。

  • 名称:道の駅かくだ
  • 住所:宮城県角田市枝野字北島81-1
  • 電話: 0224-61-2850
  • 営業時間:
    • 直売所 9:00~18:30
    • フードコート 11:00~17:00
  • 定休日:なし
  • アクセス:山元ICから車で30分 
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、施設のホームページを参考にして下さい。

蔵の郷土館齋理屋敷

丸森町の歴史を感じることができる観光スポットが蔵の郷土館齋理屋敷です。丸森町で七代にわたり栄えた豪商、齋藤理助氏の屋敷及び収蔵品を丸森町が寄贈を受け、蔵の郷土館として開放されました。屋敷内には7の蔵と、2つの邸宅があり、当時の衣類や美術品などを見ることができます。また、齋理屋敷の2階にある大正ロマン喫茶では、月替わりランチや喫茶メニューを楽しむこともできます。毎年8月に行われるイベント、齋理幻夜では約1000基の絵灯ろうが幻想的な空間を作り出し、多くの観光客が訪れる観光スポットでもあります。

  • 名称:蔵の郷土館齋理屋敷
  • 住所:宮城県伊具郡丸森町字町西25
  • 電話:0224-72-6636
  • 営業時間:
    • 9:00~18:30(年中無休)
    • 9:30~17:00(3~5月)
    • 9:30~17:00(6~8月)
    • 9:30~17:00(9~11月)
    • 9:30~16:30(12月~2月)
  • 定休日:月曜日
  • 入場料:大人 610円、小人 300円
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、施設のホームページを参考にして下さい。

GELATERIA LA FESTA

2017年、齋理屋敷の隣にオープンしたのがGELATERIA LA FESTAです。ここでは角田、丸森の新鮮な牛乳を使用した特製ジェラートを味わうことができます。種類はシングル380円、ダブル450円の2種類から選ぶことができます。食材は地場産品にこだわり、県南地域でも有名なずんだ、えごま、はちみつ、桑の実など、常時12種類の豊富なフレーバーが並んでいます。季節によってフレーバーの内容も変化しますので、旬の食材を楽しむことができるのも特徴です。2019年7月には隣に同じ系列店の生タピオカ専門店どっと堂がオープンしました。ジェラートと同じく、角田、丸森の新鮮な牛乳を使用したタピオカドリンクを楽しむことができます。地産地消、地場産品にこだわった一品をぜひ堪能してみてください。

  • 名称:GELATERIA LA FESTA
  • 住所:宮城県伊具郡丸森町町西22-2
  • 電話番号:0224-72-1785
  • 営業時間:
    • 11:00〜18:00(3月~11月)
    • 12:00〜17:00(12月~2月)
  • 定休日:月曜日
  • アクセス:阿武隈急行 丸森駅から車で5分
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

国民宿舎あぶくま荘

旅の最後に、体の疲れを癒したい時におススメのなのが国民宿舎あぶくま荘の日帰り温泉です。オススメです。露天風呂とサウナが備えられており、大人520円、小人300円で気軽に日帰り入浴が可能です。売店もあるので丸森町のお土産を購入して帰ることもできます。旅の最後に人工温泉で身体の疲れを癒し、心も体もリフレッシュして帰路に着いてみてはどうでしょうか。

  • 名称:国民宿舎あぶくま荘
  • 住所:宮城県伊具郡丸森町不動50-5
  • 電話番号:0224-72-2105
  • アクセス:阿武隈急行 丸森駅から車で15分
  • 営業時間:10:00~20:30(日帰り入浴)
  • 定休日:なし
  • 入浴料:大人 520円、小人 300円
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

GUESTHOUSE66の空き状況確認はこちらから

宮城県南地域の観光にはGUESTHOUSE66がオススメです。地場産食材を堪能できる食事付プラン等、複数のプランをご用意しております。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。GUESTHOUSE66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


蔵王のふもとでふれあい体験、蔵王 川崎エリア

宮城県南の西部に位置する蔵王 川崎エリアの特徴は、蔵王連峰のお釜の絶景を始め、大自然を体感できるのが特徴です。大自然の中で放し飼いにされているキツネと触れ合える宮城蔵王キツネ村や、開湯400年余年の名湯がある遠刈田温泉があります。宮城県南の大自然を体感するなら蔵王 川崎エリアがおススメです。

宮城蔵王キツネ村

近年、全国及び海外からの観光客が増えている観光名所が宮城蔵王キツネ村です。最大の特徴は大自然の中でキツネ達と触れ合う体験がです。園内に入ると、そこには100頭を超えるキツネが放し飼いにされています。入園時の注意点として、きつねを触ることは禁止ですが、餌やりできる場所や、きつねを”もふもふ”できるふれあいコーナーもあります。季節によってキツネの毛も変化するなど、キツネの生体を観察できます。ぜひ、もふもふを体験してみてください。園内にはお土産のキツネグッズもあるので、お土産におススメです。

  • 名称:宮城蔵王きつね村
  • 住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
  • 電話:0224-24-8812(蔵王キツネ村)
  • 料金:大人1000円、小学生以下無料
  • 定休日:毎週水曜日、祝日
  • アクセス:白石ICから車で約20分
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

蔵王のお釜

全国から観光客が訪れる観光スポットが蔵王のお釜です。お釜は蔵王連峰を象徴する円型の火口湖です。火口湖が釜状になり、御釜という名前が付けられたと言われています。天候の条件によっては、エメラルドグリーン調や、るり色調に湖面の色が変わります。豊かな表情を見せてくれることから、五色湖とも呼ばれています。展望台まではバリアフリーが対応しており、どなたでも安心して観光が楽しめるのも素敵なところです。お釜の景色を堪能した後は、山頂のレストランでお釜をイメージした釜かつ丼を食べるのもオススメの楽しみ方です。なお、11月から4月までの期間はお釜までのアクセスルートが冬期閉鎖となり、観光はできませんのでご注意ください。

  • 名称:蔵王のお釜
  • 住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
  • 電話:0224-34-4001(宮城蔵王観光株式会社)
  • アクセス: 仙台駅から車で約60分、東北自動車道(村田IC)から車で約30分
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

遠刈田温泉 共同温泉神の湯

蔵王の大自然を堪能したあと、一息つきたい時におススメなのが、遠刈田温泉の共同温泉神の湯です。遠刈田温泉街にある共同浴場の一つで、気軽に温泉を楽しむことができる場所です。温泉はかけ流しで、熱い湯とぬるめの湯の二つの浴槽があります。外には無料の足湯も併設させています。遠刈田温泉は400年の歴史を持ち、古くから湯治場として知られています。神経痛やリュウマチ、婦人病などに効用があると言われています。旅の途中に寄りたいスポットです。

  • 名称:遠刈田温泉 共同温泉神の湯
  • 住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町32
  • 電話:0224-34-1990
  • アクセス:白石蔵王ICから蔵王方面へ約20分
  • 営業時間:9:00~21:30
  • 入浴料:大人330円、小学生以下110円
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

イーレ!はせくら王国

温泉で一息蔵王町のお隣、川崎町に2018年にオープンした新たな観光交流施設がイーレ!はせくら王国です。2012年に廃校になった小学校をリノベーションした施設には、地域の新鮮な野菜が並ぶ直売所、地場産品食材が味わえるレストラン、体験型ワークショップの教室があります。また、青年期を川崎町で過ごし、初めてチョコレートを食べた日本人と言われている支倉常長にちなんだチョコレート関連商品を多く取り扱っているのも特徴です。レストランではカカオカレー、カカオの揚げパンなど、ここでしか食べられない特徴的メニューが多く並びます。子供も大人も、どこか懐かしい雰囲気を感じることができる観光スポットで、家族みんなで楽しむことができます。旅の帰りにお土産を購入する場所としておススメです。

  • 名称:イーレ!はせくら王国
  • 住所:宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9
  • 電話:0224-51-9131
  • アクセス:仙台駅から車で約40分
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:毎週水曜日、木曜日
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

県内屈指の桜の名所 柴田 大河原 村田エリア

宮城県南で春の季節にオススメの観光スポットが柴田、大河原エリアです。県内屈指の桜の名所として有名な大河原町の白石川堤一目千本桜、柴田町の船岡城址公園の桜は、毎年全国から観光客で賑わいます。季節の風景を堪能するなら柴田 大河原 村田エリアがオススメです。

白石川堤一目千本桜

宮城県南地域の代表的観光スポットの一つが白石川堤一目千本桜です。一目千本桜は、さくら名所百選の地に認定されている絶景スポットです。桜が見頃となる4月上旬になると、全国及び海外から毎年多くの観光客が訪れます。大河原町と柴田町の白石川堤に、ソメイヨシノなどの桜が約8km、約1200本の桜並木が続いています。残雪の蔵王連峰と白石川をセットにした一目千本桜の風景は圧巻です。春の季節、宮城県南地域に観光で行く場合は外せないスポットです。 

  • 名称:白石川堤一目千本桜
  • 住所:宮城県柴田郡大河原町大谷
  • 電話:0224-53-2141(大河原町観光物産協会)
  • アクセス:
    • 電車:JR大河原駅より徒歩3分
    • 車:東北道白石ICより15分
  • 公式・関連サイト

船岡城址公園

季節の風景を楽しむことができるスポットが船岡城址公園です。伊達家の家臣、柴田氏が居住した館跡で、桜の名所としても有名です。春の季節は1,300本以上の桜、秋の季節は13万株を超える曼珠沙華が咲き誇ります。山頂には高さ24mの船岡平和観音像が立ち、柴田町のシンボルになっています。山頂まではスロープカー(往復:大人500円、小人300円)が運転しているので、スロープカーに乗りながら眺めを楽しむことができます。山頂に行くと、1000㎡の花のガーデンがあり、100種類以上の季節の花を楽しむことが出来ます。山頂から眺める柴田町の街並みや、蔵王山は絶景です。

  • 名称:船岡城址公園
  • 住所:宮城県柴田郡柴田町大字船岡館山95-1
  • 電話:0224-87-7101(柴田町観光物産交流館さくらの里)
  • アクセス:電車:JR船岡駅より徒歩約15分
  • 公式・関連サイト

とんとんの丘 もちぶた館

食事を楽しみたい、一息つきたい時におススメなのが大河原町のとんとんの丘もち豚館です。地元ブランド豚である和豚もちぶたをバーベキュー、とんかつ、鍋しゃぶ等で堪能することができます。自社農場で大切に育てられた和豚もちぶたは脂身がさっぱりしていて、甘味があるのが特徴です。オススメは和豚もちぶたを思う存分楽しむことができるバーベキュー食べ放題です。価格も90分で大人(中学生以上)2,000円、小人(小学生)1,000円と非常にリーズナブルです。和豚もちぶたを使用したメンチカツ、ヒレカツ、コロッケ等のお持ち帰り総菜メニューも人気です。施設内には日帰り温泉施設や、動物と触れ合えて遊べるエリアもあるので、一息つきたい時におススメです。

  • 名称:とんとんの丘 もちぶた館
  • 住所:宮城県柴田郡大河原町新寺字北185-11
  • 電話:0224-61-1150
  • アクセス:村田IC.から15分、白石IC.から10分
  • 営業時間:10:00~19:00 
  • 定休日:第3水曜日
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

道の駅村田

旅の帰りに、お土産を購入して帰ろうという時におススメなのが道の駅村田です。村田町の特産品であるそら豆を始め、朝採りの新鮮野菜、県南地域の特産品等も取り揃えています。また、少し小腹が空いた時は道の駅内のレストラン城山のそら豆うどん、そら豆そばがオススメです。特産品のそら豆を麺に練りこんだ看板メニューです。道の駅村田は東北自動車道の村田インターチェンジに近接しているので、アクセスが良い部分も嬉しいポイントです。旅の帰路の休憩スポットや、お土産を購入するの場所としてご利用ください。

  • 名称:道の駅村田
  • 住所:宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41
  • 電話:0224-83-5505
  • アクセス:村田ICを出て信号を右折100m先
  • 営業時間:
    • 物産交流センター 9:00~17:00
    • 蔵の町レストラン城山 11:00~17:00(第2月曜日定休)
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

1泊2日観光モデルコースの紹介

自然景観を満喫する1泊2日

宮城県南地域の魅力は何といっても大自然が生んだ自然景観です。春は桜、秋は紅葉、冬は雪景色など、県南地域には絶景スポットが沢山あります。日帰り観光でも楽しめますが、思う存分県南地域を堪能したい方は1泊2日の観光をオススメします。今回は県南地域の特徴である、自然景観を堪能する1泊2日コースをご紹介します。

蔵王ハートランド

最初にご紹介するのが、東京ドームの約20倍(約100ヘクタール)の緑の牧草地が一面に広がる蔵王ハートランドです。このような広大な敷地があるのは宮城県南ならではの光景です。蔵王連峰を背景に、一般開放されている牧場の中で、ヒツジやヤギなどの動物と触れ合う体験をすることができます。他にも乳しぼりや乳製品の手作り体験など、親子で楽しめるコンテンツが多いのも特徴です。軽食、喫茶スペース、バーベキュー広場もあるので食事も楽しむことができます。蔵王連峰の風景、動物との触れ合いで、心の底から癒されること間違いなしのスポットです。

  • 名称:蔵王ハートランド
  • 住所:蔵王町遠刈田温泉字七日原201
  • 電話:0224-34-3769
  • アクセス:白石ICから約18km、村田ICから約17km
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

やまびこ吊り橋

宮城県南で絶景とスリルを同時に味わえる場所が七ヶ宿町のやばびこ吊り橋です。吊り橋の長さは120mと、東北一の長さを誇ります。つり橋からは蔵王連峰の一角、不忘山の雄大な姿を望むことができます。吊り橋の中心部分には、真下が見える格子状の溝蓋になっている場所もあるので、スリルを体験することもできます。また、やまびこ吊り橋を渡り終え、歩いて15分程の場所には秋の紅葉の名所としても有名な長老湖があります。長老湖は標高500m、周囲約2kmの湖で、湖面に山の姿を映ることで知られています。秋の季節には湖面に美しい紅葉が映る絶景スポットです。通年楽しむことができますが、秋の紅葉の時期に訪れるのがオススメです。

青根温泉郷

宮城県南地域の大自然の中で遊んで、夜はゆっくりと体の疲れを癒したいという方におススメの宿泊地が川崎町の青根温泉郷です。青根温泉は歴史が古く、460年あまりの歴史を誇る名湯として有名です。自然に囲まれたロケーションの中で100%天然温泉に浸り、一日の疲れを癒しましょう。

  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、宿のホームページを参考にして下さい。

国営みちのく杜の湖畔公園

2日目のスタートは、青根温泉郷から車で約20分、同じ川崎町にある国営みちのく杜の湖畔公園です。みちのく杜の湖畔公園は東北地方で唯一の国営公園で、広大な敷地の中で子供も大人も一緒に楽しむことができるスポットです。園内には四季折々の花が咲き誇る花畑、子供に大人気の遊び場、キャンプ場等、様々なコンテンツがあるのが特徴です。子供達はは時間を忘れて夢中になってしまうほど遊び道具が豊富です。春は季節の花の祭典、冬はイルミネーション、かまくらまつりなど、季節に合わせたイベントも開催しています。子供も大人も一日中遊ぶことができるスポットです。

  • 名称:国営みちのく杜の湖畔公園
  • 住所:宮城県柴田郡川崎町大字小野字二本松53-9
  • 電話:0224-84-5991
  • アクセス:宮城川崎ICから10分
  • 営業時間:
    • 9:30~17:00(3/1~ 6/30)
    • 9:30~18:00(7/1~ 8/31)
    • 9:30~17:00(9/1~10/31)
    • 9:30~16:00(11/1~2月末)
  • 休園日:毎週火曜日
  • 入園料:大人450円、中学生以下無料
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、施設のホームページを参考にして下さい。

道の駅村田

国営みちのく杜の湖畔公園から車で約15分、帰路に着く際にオススメのスポットが道の駅村田です。村田町の特産品であるそら豆を始め、県南地域の特産品等も取り揃えています。また、遊び疲れて少し小腹が空いた時は、道の駅内のレストラン城山のそら豆うどん、そら豆そばがオススメです。特産品のそら豆を麺に練りこんだ看板メニューです。道の駅村田は東北自動車道の村田インターチェンジに近接しているので、アクセスが良い部分も嬉しいポイントです。道の駅で記念のお土産を購入して、安全運転で帰路に着いてくださいね。

  • 名称:道の駅村田
  • 住所:宮城県柴田郡村田町大字村田字北塩内41
  • 電話:0224-83-5505
  • アクセス:村田ICを出て信号を右折100m先
  • 営業時間:
    • 物産交流センター 9:00~17:00
    • 蔵の町レストラン城山 11:00~17:00(第2月曜日定休)
  • 公式・関連サイト
    *サービス内容の最新情報は、店舗のホームページを参考にして下さい。

まとめ

今回は宮城県南地域の観光スポットを日帰り、1泊2日のパターンに分けてご紹介しました。宮城県南地域はとても広く、今回紹介した施設以外にも魅力的なスポットが沢山あります。宮城県南地域を思う存分堪能したい場合は1泊2日から2泊3日に掛けて楽しむのがオススメです。今回ご紹介しました観光モデルコースをご参考に、実際に宮城県南地域に訪れてみてくださいね。


オススメ記事
宮城県南地域のオススメ観光スポットをご紹介
宮城県南地域のご当地グルメをご紹介
宮城へのツーリングでのオススメの紅葉スポットをご紹介