fbpx

蔵王のお土産にぴったり。宮城の若手杜氏家が手掛ける蔵王酒造の魅力。東北の地酒が飲み比べられるレストランも併せてご紹介

蔵王のお土産はチーズやヨーグルトが有名ですが、明治期から、蔵王の湧水で作られている地酒があることをご存知ですか?約150年の歴史を持つ蔵王酒造は、飲み飽きないお酒をテーマに、数々の品評会で金賞を受賞する実力派です。若手蔵元と杜氏が率いる、新進気鋭の酒蔵の魅力を、日本酒が美味しいレストランと併せてご紹介します。

※ 記事は2020年11月9日公開時点の最新情報です

目次

  • 飲み飽きない味が魅力、蔵王酒造の日本酒
    • 蔵王酒造とは
    • ワイングラスで美味しい 大吟醸 昇り龍
    • ほとんどが県内で流通 Kシリーズ
    • 季節限定特別純米酒 冷やおろし
  • 蔵王から立ち寄れる、周辺で蔵王酒造のお酒が買える店
    • 明治期の雰囲気が残る外観 蔵王酒造展示館
    • Kシリーズ取り扱い店 森巳酒店 
    • 角田市内の日本酒センター 丸正酒店
  • Kシリーズが飲める店 Restaurant&bar Panch
    • 日本酒に合う!地元食材を使ったおつまみが充実
    • 宮城県産地酒は他にも 飲み比べられる日本酒色々
    • 徒歩1分の場所に、泊まれる宿も完備
    • Restaurant&bar Panch のご予約はお電話にて

飲み飽きない味が魅力、蔵王酒造の日本酒

蔵王酒造の5代目蔵元 渡辺毅一郎氏

宮城県白石市に位置する蔵王酒造は、明治6年に創業しました。食事の味を邪魔しない爽やかな口当たりが人気となり、国際品評会等でも高く評価されています。酒蔵の沿革と、主なラインナップをご紹介しましょう。

◆蔵王酒造とは

宮城県産の米、蔵王連峰の伏流水を使って、地元白石で約150年続く酒造会社です。創業当初の明治初期、酒造りはまだ冬のみ行われるシーズンワークだったため、岩手の南部杜氏を雇って製造を行っていました。しかし、時代が移り変わるにつれ、会社の体制と酒造り、両方を考えてくれる人材の育成に注力し、社員の平均年齢30代という、全国でも珍しい若手酒蔵となりました。

蔵王酒造の沿革についてより詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。

◆ワイングラスで美味しい 大吟醸 昇り龍

2019年、ワイングラスで美味しい日本酒アワード、大吟醸部門で金賞を受賞したお酒です。純米大吟醸は特徴として、フルーツのような華やかな香りがあげられます。この昇り龍はその概念に沿わず、食中酒として楽しめるよう、キリっとした飲み口で、清涼感のある後口が楽しめるお酒に仕上がっています。


GUESTHOUSE66の空き状況確認はこちらから

当館の空き状況の確認及び予約確認は、フォームからお問い合わせ下さい。GUESTHOUSE66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます


◆ほとんどが県内で流通 Kシリーズ

世界最大の日本酒品評会「SAKE COMPETITION 2018」にて、現在の若手杜氏、大滝氏が若手奨励賞を受賞したこちらのお酒は、以下の3つのコンセプトを基に開発されました。

心を込めて醸し、心を込めて管理し、心を込めてお届けする。

温度管理や保管状況等、正しい知識を持った販売特約店にのみ流通するという、生産数の多くない銘柄ですので、宮城にわざわざ足を運んで飲みたい逸品です。

◆季節限定特別純米酒 冷やおろし

春の新酒を熱処理後、低温熟成させて、飲み頃を待つひやおろしは、日本酒好きに秋の訪れを感じさせます。軽やかな口当たりと、ほどよい酸味のバランスが絶妙なお酒です。秋の夜長に、焼いたさんまと一緒にしっぽりと酔いしれる、そんなひと時をお土産の楽しみにしてみては。

蔵王から立ち寄れる、周辺で蔵王酒造のお酒が買える店

蔵王酒造の日本酒を、お土産として購入できるお店をご紹介します。白石市は蔵王の観光スポットから車で約20分です。

◆明治期の雰囲気が残る外観 蔵王酒造展示館

まずは、蔵王酒造に併設されている展示館に行ってみましょう。酒蔵をイメージした建物は、明治初期の佇まいを彷彿とさせます。前項でご紹介したお酒はもちろん、女性に人気のハーブのリキュールや、大吟醸のアイスクリームも販売しているので、アルコールを飲まれない方も楽しめます。

◆一升瓶がトレードマーク 丸秀酒店

出典:Google Map

蔵王酒造から少し北へ進むと、大きな一升瓶のオーナメントがある酒販店があります。自他共に認める日本酒オタクのご主人が、一つ一つの銘柄に対するストーリーを余すことなく教えてくれます。Kシリーズは酒販店限定酒で、蔵王酒造では買えませんので、気になる人はぜひこちらを訪れてみてください。

◆角田市内の日本酒センター 丸正酒店

白石市の隣町、角田市でも昭和から続いている老舗の酒店があります。蔵王酒造は角田産の酒米、美山錦を100%使用したひやおろしを造るなど、角田市とはとても縁が深い酒蔵です。丸正酒店でしか買えないオリジナルブランド商品も数多く取り揃えていますので、ぜひ覗いてみてください。

Kシリーズが飲める店 Restaurant&Bar Panch

お土産を一通り買い終えたら、今度は実際に飲んでみましょう。
角田市内にあるRestaurant&Bar Panch(通称、パンチ)では、蔵王酒造のお酒にぴったりなおつまみが目白押しです。大人が行き着く隠れ家レストランで、地元食材とのマリアージュをお楽しみください。

◆日本酒に合う!地元食材を使ったおつまみが充実

一番人気は地元の銘柄鶏、レッドウォーカーの炭火串焼きです。しっかりした歯触りの鶏肉は旨味が濃く、噛めば噛むほど肉汁が溢れます。他にも、下味に塩麹を使い、ほのかな甘味とサクサクの食感が味わい深いとり天や、端正込めて作る自家製の塩辛など、日本酒との相性抜群の料理が楽しめます。

◆宮城県産地酒は他にも 飲み比べられる日本酒色々

蔵王酒造はもちろん、酒処宮城県で有名な、その他の銘柄も取り揃えています。辛口タイプの純米酒で、白ワインのような上品な口当たりが特徴の乾坤一や、宮城県酵母という県内産の酵母を使用し、清々しいキレのある風味が楽しめる石巻の墨廼江など。他にも東北の地酒をご用意しているので、ぜひ飲み比べてみてください。

◆徒歩1分の場所に泊まれる宿も完備

パンチでは、車でご来店された方のために、お酒を飲んだあとすぐに泊まれる宿をご用意しています。徒歩1分の場所にあるゲストハウスで、部屋タイプはドミトリーと個室からお選びいただけます。共有リビングでは、お土産で買った日本酒を持ち込む事ができるので、宮城に訪れる際はぜひご利用ください。宿の詳細はこちら

◆ Restaurant&Bar Panchのご予約は、お電話にて

いかがでしたか?今回は、白石市の老舗酒蔵、蔵王酒造の魅力をご紹介しました。お酒を買うだけでなく、そのお酒にまつわるストーリーを聞ける地元の販売店や、地元食材と一緒に飲めるお店も、日本酒を楽しむためのツールです。南東北の魅力を、ぜひ足を運んで実感してください。パンチのご予約はお電話にて承っています。下記番号よりスタッフにお尋ねください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

TEL:0224-63-5939


宮城県南地域のオススメ観光スポットをご紹介
全線復旧の阿武隈急行の運行状況や記念イベント、沿線の観光スポット紹介
宮城・仙台で地域共通クーポンが使えるお店や、クーポンの利用方法等をご紹介

関連記事

  1. ライダー必見!宮城のGUESTHOUSE66周辺には穴場の桜スポットが満載。宿を基点にして、お花見ツーリングを楽しもう!

  2. 宮城週末1泊2日サイクリング旅 前編)自転車歓迎の宿がオススメする、熊野三社と芭蕉の足跡、阿武隈川沿いを辿るコースをご紹介します。

  3. 東北の有名ブランド豚を食べ比べ。宮城県南部にある大人の雰囲気漂うレストランで、身も心も温まる新しいコースメニューがスタート

  4. お先にトクだ値スペシャルを利用すると、JR東日本の新幹線が半額!東北への交通費が期間中50%オフで予約できる宮城観光の楽しみ方をご案内。

  5. 東北ルート66のスタッフブログ|休日プライベートで訪れたオススメの地元宮城のグルメやランチ、観光スポット、イベント情報ブログ

  6. 宮城・仙台の情報番組で紹介!注目のグルメ、観光情報まとめ