fbpx

宮城ツーリング、サイクリングの休憩場所に最適な道の駅かくだをご紹介。駐車場、休憩スポット、グルメ、お土産等の気になる情報をまとめました。

宮城ツーリング、サイクリングの道中にオススメ休憩スポットが、宮城県角田市の道の駅かくだです。仙台や関東方面からのアクセスも良く、二輪駐車場完備で、ご当地グルメを堪能でき、お土産も購入できます。約10分の場所には、無料屋内駐車場完備のライダー、サイクリスト歓迎の宿もあります。宮城への旅を計画する上で、ぜひ参考ください。

※ 記事は2020年3月16日公開時点の最新情報です。

目次

  • 道の駅かくだの概要紹介
  • 宮城ツーリング・サイクリングの休憩場所にオススメの理由
    • 仙台・福島・山形から約1時間のアクセス
    • バイクと自転車専用の駐輪場が完備
    • 観光情報コーナーで宮城県南エリアの観光情報をGET
    • 多用な休憩スペース
  • 道の駅かくだのご当地グルメ、お土産情報
    • 道の駅かくだオリジナル商品 かくどら
    • 角田、丸森産牛乳を使用 特製ソフトクリーム
    • 特産品の秘伝豆をトッピング 本格イタリアンピザ
    • 昔ながらのこだわり製法 マイスターの梅干し
    • 本場ドイツ製法の地ビール 仙南クラフトビール
    • 宇宙のまちの新名物 夢☆宇宙米
  • 宮城のライダー、サイクリスト歓迎の宿 ゲストハウス66
    • 屋内無料駐輪場完備
    • ライダーやサイクリスト向けの特典が満載
    • 道の駅で食材を調達して自炊もOK
    • 徒歩1分の場所に系列店のレストランもあり
    • アクセス情報
  • ゲストハウス66のご予約はこちら

道の駅かくだの概要紹介

道の駅かくだは、2019年4月にオープンした宮城県内で最も新しい道の駅です。角田市の特産品である米、梅干し、野菜等の地場産品を購入できる直売所を始め、軽食を楽しめるフードコート、周辺の観光情報を収集できる観光情報窓口を兼ね備えています。24時間利用可能なトイレや、大型駐車場、二輪駐車場や駐輪場が完備されているため、旅の道中の休憩スポットとして、多くの方々に利用されています。

宮城ツーリング・サイクリングの休憩場所にオススメの理由

仙台・福島・山形から約1時間のアクセス

道の駅かくだは、仙台、福島、山形方面から約1時間のアクセスの場所にあります。常磐自動車道山元ICから約10分、東北自動車道白石ICから約35分の距離でアクセスできますので、関東方面や仙台方面からのツーリングの休憩場所として最適です。サイクリングで福島方面からお越しの場合は、阿武隈川沿いのサイクリングコースを進んでいくと、丸森町を経由して道の駅に辿り着く事ができます。

◆ バイクと自転車専用の駐輪場が完備

ツーリング、サイクリングの休憩スポットを決める上で欠かせないポイントが、専用駐車場の有無です。道の駅かくだには二輪車専用駐輪場がありますので、安心してバイク、自転車を駐車する事ができます。出会ったバイク仲間、サイクリング仲間と情報交換する事も旅の楽しみですよね。

◆ 観光情報コーナーで宮城県南エリアの観光情報をGET

道の駅内にある観光情報コーナーでは、角田市周辺の観光情報を始め、近隣の丸森町、蔵王町などの宮城県南エリアの観光情報を得る事ができます。道の駅のスタンプラリーを集めているライダーやサイクリストの方は、観光情報コーナーへぜひお立ち寄り下さい。

◆ 多用な休憩スペース

屋根付き広場や賑わい広場、芝生エリア、フードコート等、多様な休憩スペースが完備しているのも道の駅かくだの特徴です。喫煙される方は、道の駅の正面から左の通路脇に指定の喫煙所がございますので、そちらで一服ください。


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

宮城ツーリング、サイクリングでは、ゲストハウス66がオススメです。ライダー、サイクリスト向けのサービスを複数ご用意しております。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


ご当地グルメ、お土産情報

◆ 道の駅かくだオリジナル かくどら

道の駅かくだオリジナル商品で、売り切れ必須の人気グルメが、かくどらです。角田産米を自家製粉し、生地の中に地元産の味噌を練りんであるこだわりの一品です。一日数量限定販売で、午前、午後の決まった時間にしか販売されません。購入できた方は、強運の持ち主です。

◆ 角田、丸森産牛乳を使用 特製ソフトクリーム

老若男女問わず人気のグルメが、ワンハンドで手軽に食べられる角田、丸森産牛乳を使用した特製ソフトクリームです。お味はミルク、ミックス、コーヒーの3種類から選ぶ事ができ、価格もリーズナブルです。期間限定で県内有数の梅の産地ならではの梅味なども販売しています。

◆ 特産品の秘伝豆をトッピング 本格イタリアンピザ

道の駅のフードコートでは、本場イタリアから直輸入した石窯で焼き上げる本格イタリアンピザを食べる事ができます。角田市特産品の秘伝豆をトッピングした、秘伝豆ピザがイチオシです。

◆ 昔ながらのこだわり製法 マイスターの梅干し

角田市の名産品の一つが梅干しです。数ある梅干しの中でも人気なのが、日本で唯一の梅干しマイスター佐藤きい子さん作る梅干しです。昔ながらのこだわり製法で、真っ赤で酸っぱいのが特徴です。一つ一つ丁寧に手作りで、無添加の梅干しはお土産にぴったりの一品です。

◆ 本場ドイツ製法の地ビール 仙南クラフトビール

ビール好きの方にオススメのお土産が、本場ドイツ製法地ビール、仙南クラフトビールです。インターナショナルビアカップで5年連続受賞しているヴァイツェンを始め、計5種類の地ビールを購入する事ができます。

◆ 宇宙のまちの新名物 夢☆宇宙米

あまり荷物を増やしたくない方にオススメなのが、夢☆宇宙米です。米どころ角田市の美味しいお米を、長期保存が可能なアルファ米にして商品化した品です。水やお湯を入れて数分待てば、すぐにおにぎりとして食べる事ができます。お土産や、ツーリング、サイクリングのお供にもぴったりな商品です。

宮城のライダー、サイクリスト歓迎の宿 ゲストハウス66

ゲストハウス66は、ライダーやサイクリストに人気の宿です。道の駅かくだからは約10分のアクセスで、ライダーやサイクリストの特典も多数取り揃えております。宮城県南エリアでご宿泊をご検討の方は、ぜひ読み進めてくださいね。

◆ 屋内無料駐輪場完備

ゲストハウス66は、1階エントランスホールにバイク、自転車を駐輪できる宿です。バイクは最大3台まで、自転車は専用スタンドに3台まで駐輪可能です。雨の心配もなく、セキュリティも安心です。

◆ライダーやサイクリスト向けの特典が満載

ライダーやサイクリスト向けに、有料と無料のサービスを多数ご用意しております。当サイトからご予約し、平日チェックイン(金曜除く)のに方は、系列店のレストランパンチにて、生ビール一杯をサービスさせていただきます。詳しくはこちら。

◆ 道の駅で食材を調達して自炊もOK

リビングスペースには、自炊も可能なキッチンスペースがあります。道の駅かくだでは新鮮な地元野菜を始め、加工食品も販売しているため、道の駅で食材を購入して、キッチンで料理して夕食を楽しむ事も可能です。その際には、道の駅で地ビールや地酒を購入する事を忘れずに。

◆ 徒歩1分の場所に系列店のレストランもあり

料理するのは面倒くさい、せっかく旅に来たのなら、地場産品を堪能したいという方には、徒歩1分の場所にある系列店のレストランパンチがオススメです。2食付きプランや、宿泊者しか食べられない鴨しゃぶプラン(要予約)等もあります。

◆ アクセス情報

道の駅かくだからゲストハウス66にアクセスするには、角田橋方面に進みに、そのまま西に進んでいきます。警察署がある交差点を過ぎ、右手にドコモショップと幸楽苑がある信号機を左折し、そのまま角田駅方面に直進すると、右手にゲストハウス66が見えますので到着です。

ゲストハウス66のご予約はこちら

宮城へのツーリング、サイクリングの際には、ゲストハウス66をご予約ください。道の駅かくだからのアクセスも良く、屋内無料駐輪場完備や、車体を拭くタオルのサービス等、ライダー、サイクリスト向けのサービスを多数ご用意しております。スタッフが近隣の穴場観光情報等もお伝えしております、空き情報の確認等、 お気軽にお問い合わせください。


東北屈指の人気ツーリングスポット、蔵王エコーラインをご紹介
南東北サイクリングコースナビ)阿武隈川沿いコース福島市~宮城県角田市編
宮城ツーリングでオススメ仙台周辺のラーメン特集

関連記事

  1. 宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介。秋ツーリング定番の紅葉巡りルートを、エリア毎の道路別に厳選しました。

  2. 宮城週末1泊2日サイクリング旅 後編)前編の熊野三社巡りから、後編はいよいよ芭蕉の足跡探訪と雄大な阿武隈川沿い自転車コースのご紹介です。

  3. 東北ルート66のスタッフブログ|休日プライベートで訪れたオススメの地元宮城のグルメやランチ、観光スポット、イベント情報ブログ

  4. 宮城県の人気サイクリングイベント、サイクルフェスタ丸森2019をご紹介。食欲の秋を楽しむファンライドのイベント情報をまとめてご紹介します。

  5. 宮城県南地域のオススメ観光スポットをご紹介します。定番から穴場スポットまで、ここに行けば間違いなし。イチオシ観光スポットをご紹介します。

  6. 東北ツーリングの拠点として人気のGUESTHOUSE66では、これまで数々の出会いがありました。思い出深いエピソードブログをご紹介します。