fbpx

春の東北ツーリングの楽しみ方と服装等の注意点をご紹介)春の東北は、旬の食材や春ならではの絶景スポット等、見どころ満載です。

バイクのシーズンインとなる春は、東北へのツーリングがオススメです。春の東北は、日本さくら名所100選の桜スポットを始め、残雪の風景、旬の食材など、春の風情を体感できるエリアが沢山あります。本記事では、春の東北ツーリングの楽しみ方と、服装等の抑えるべきポイントを解説します。春ツーリング計画の参考にしてはいかが。

目次

  • 東北の春ツーリングの楽しみ方
    • 絶景ワインディングロードを楽しむ
    • お花見を満喫する
    • 旬の食材を楽しむ
    • 温泉で旅の疲れを癒す
  • 東北の春ツーリングで気をつけたいポイント
    • 理想の服装とは
    • 昼間と夜間の気温差に注意
    • 路面凍結に注意
    • 小まめに休憩を
  • まとめ

東北の春ツーリングの楽しみ方

絶景ワインディングロードを楽しむ

東北の春ツーリングの醍醐味の一つが、絶景ワインディングロード巡りです。東北には、青森県から栃木県まで約500kmに渡って連なる奥羽山脈があります。その奥羽山脈を貫く代表的なワインディングロードが、八幡平アスピーテライン(秋田県)、蔵王エコーライン(宮城県)、磐梯吾妻スカイライン(福島県)の3つです。どのワインディングロードも道路の周りに巨大な雪の回廊が出現し、走り応え抜群です。なお、これらのワインディングロードは、4月下旬頃まで冬季通行止めとなるため注意が必要です。雪の回廊を堪能したい方は、4月下旬からGW頃に訪れるのがオススメです。

◆ お花見を満喫する

春の東北では、各地でお花見を楽しむ事ができます。東北では4月上旬から桜の開花が始まり、4月中旬頃に各地で満開を迎えます。オススメは関東から東北に向かうツーリングルートです。4月初旬から桜前線が関東から東北に北上してくるため、旅の道中で桜を楽しむ事ができます。

>> 宮城の桜スポット紹介記事はこちら

GUESTHOUSE66を拠点にした桜ツーリングスポットをご紹介

GUESTHOUSE66周辺の穴場の桜スポットを紹介

◆ 旬の食材を楽しむ

四季折々の美味しい食材を楽しむ事ができるのも東北の魅力です。中でも、春の季節の旬の食材が山菜です。東北では4月になると、たらの芽や、ふきのとうの収穫シーズンとなり、各地で山菜採りが行われます。収穫された山菜は道の駅の農産直売所等で販売され、飲食店でもてんぷらの料理等で味わう事ができます。春の東北に来た際は、旬の食材も味わってみてはいかがでしょうか。

◆ 温泉で旅の疲れを癒す

長距離移動になりがちな東北ツーリングでオススメなのが、温泉です。東北には名湯から秘湯、無料の足湯まで、各地で温泉を楽しむ事ができます。温泉といえば冬のイメージがありますが、春先の東北はまだ気温が低い日もあります。体を芯から温める事ができ、疲れも癒す事ができる温泉は、春ツーリングでもオススメのスポットです。

>> 宮城の温泉紹介記事はこちら

・宮城へのツーリングで立ち寄りたい温泉をご紹介。


GUESTHOUSE66の空き状況確認はこちらから

東北の春ツーリングではGUESTHOUSE66がオススメです。ライダー向けのサービスを複数ご用意しております。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。GUESTHOUSE66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


東北の春ツーリングで気をつけたいポイント

◆ 理想の服装とは

東北の春ツーリングを楽しむ上で気を付けたいポイントが服装です。同じ東北でも、北の青森、南の福島では気温が全く異なります。ツーリング出発時は天気が晴れていたとしても、県を跨ぐと雨や雪へ天候が一変する事もあります。そのため、最も気を付けなければいけないのが、ツーリング時の服装です。急な雨や雪、気温差に対応できるように、インナーやジャケット、レインスーツ等を常に携帯しておきましょう。

◆ 昼間と夜間の気温差に注意

春の東北は、昼間と夜間の気温差に注意が必要です。昼間の暖かいうちは薄着で過ごせますが、夕方から夜にかけては気温が一気に冷え込みます。東北は春でも、夜と朝方は冷え込みますので、冬用のインナーやジャケットを携帯しておくことをオススメします。目的地を決めたら、その場所に適応できる服装、携行品を準備してツーリングに出かけましょう。

◆ 路面凍結に注意

春と言っても、冬同様に注意しなければいけないのが路面凍結です。特に早朝の坂道や山岳道路、日中でも日陰の道は路面が凍結している恐れがあります。東北の春ツーリングの醍醐味といえば、ワインディングロードを楽しめる事ですが、路面凍結によるスリップ事故の危険性もあります。スピードの出し過ぎには命取りとなりますので、十分に注意して運転ください。

小まめに休憩を

東北はロングツーリングを楽しめる一方で、移動時間も長くなりがちです。そのため、小まめに休憩するようにしましょう。東北各県には道の駅があり、気軽に利用できますので、休憩スポットに最適な施設です。道の駅では休憩の他、その土地のグルメを堪能できたり、地場産品を購入する事ができます。

>> 宮城の道の駅紹介記事はこちら

宮城へのツーリングで休憩にオススメの道の駅をご紹介。

まとめ

今回は東北の春ツーリングの楽しみ方、気をつけたいポイントをご紹介しました。春の東北は、絶景のスポットや旬の食材など、ライダーにとって楽しめるポイントが満載です。この記事を参考に、GWの長期休暇等を利用して、東北ツーリングへ出かけてみてはいかが。


東北ツーリングの注意点をご紹介
宮城のバイク乗りに優しいライダーハウスをご紹介
宮城県南ライダーがオススメする宮城ツーリングコースをご紹介

関連記事

  1. 宮城県の人気サイクリングイベント、サイクルフェスタ丸森2019をご紹介。食欲の秋を楽しむファンライドのイベント情報をまとめてご紹介します。

  2. 冬の東北ツーリングの楽しみ、気をつけるポイントをご紹介します。東北の冬は一段と寒さが厳しくなりますので、防寒・安全対策を万全にする事が必須です。

  3. サイクルフェスタ丸森2019が宮城県丸森町で開催されます。遠方からの参加者のために、丸森町周辺の宿泊施設をご紹介します。

  4. ツール・ド・東北参加者向けの宿泊施設をご紹介します。メイン会場となる石巻専修大学周辺の宿泊施設をご紹介します。

  5. 東北ツーリングの四季毎の服装を解説します。東北ツーリングで注意すべきポイントは寒さです。四季の服装に気を付けてツーリングを楽しみましょう。

  6. 宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介。秋ツーリング定番の紅葉巡りルートを、エリア毎の道路別に厳選しました。