fbpx

宮城・山形そば特集)宮城のライダー歓迎宿発、蔵王エコーラインを通る”ツーリングのための”そば街道コース紹介

宮城のバイク歓迎宿ゲストハウス66発の宮城・山形そばツーリングにおすすめの蕎麦屋と観光も楽しめるツーリングコースをご紹介!東北ツーリングで人気の蔵王エコーラインを通る、ツーリングのための穴場そば街道を66スタッフが考案しました。暑い季節のツーリングランチに冷たいお蕎麦はいかがでしょうか。

※この記事は2022年5月6日(金)公開時点での最新情報です。

目次

  • 東北そばツーリングは宮城→山形がおすすめ!
  • 宮城のバイク歓迎宿→山形そばツーリング おすすめ蕎麦屋5選
    • 日本蕎麦街道 一匠庵
    • 遊季亭 まるふく
    • そば処 庄司屋
    • いでは
    • 千利庵
  • ゲストハウス66発 蕎麦ツーリングおすすめ観光ルートガイド
    • ゲストハウス66出発
    • 蔵王エコーライン
    • 蔵王の御釜
    • ぐっと山形
    • 道の駅 白鷹ヤナ公園
  • 東北ツーリングの拠点宿におすすめ ゲストハウス66
  • ゲストハウス66のご予約はこちら

東北そばツーリングは宮城→山形がおすすめ!

人気ツーリンググルメ・ランチのひとつ、蕎麦。特にこれからの暑い時季にはツーリングランチに冷たいお蕎麦が食べたくなりますよね。東北ツーリングで蕎麦ランチをするなら宮城・山形がおすすめです。名物「山形そば」や、山の伏流水を使用した絶品蕎麦、さらに観光スポットも巡れるそば好きにはたまらないツーリングルートです。

今回は、関東方面からの東北ツーリング1泊目におすすめのバイク歓迎宿「ゲストハウス66」から山形県へ蕎麦も観光も楽しみながら走る、”ツーリングのための”そば街道をご紹介し、その拠点として多くのライダーさんにご利用いただいている宿もご紹介します。

宮城のバイク歓迎宿→山形そばツーリング おすすめ蕎麦屋5選

宮城県角田市にあるライダー歓迎宿「ゲストハウス66」から、山形県を目指すそばツーリングにおすすめの蕎麦屋をご紹介。老舗の蕎麦屋から穴場的蕎麦屋もご紹介しますので、東北ツーリングの際はぜひチェックしてくださいね。

1.日本蕎麦街道 一匠庵(宮城県大河原町)

天盛りそば 1,400円

山間にある穴場そば屋、一匠庵(いっしょうあん)。十割そばですが、細めで食べやすく、そばの香りも楽しめます。また、そばは何度でもおかわりが可能なところが一匠庵の特徴。山景色を眺めながら満足するまでお蕎麦をいただけます。

●日本蕎麦街道 一匠庵 大河原本店
●住所:宮城県柴田郡大河原町堤字大井戸79‐3
●営業時間:11:00~14:30 水曜・木曜定休日
一匠庵公式サイト
※最新の情報は公式サイトをご確認ください

2.遊季亭 まるふく (宮城県蔵王町)

天ざる 1,400円

遠刈田温泉街を抜け、蔵王エコーラインの入口にある遊季亭 まるふく。噛めば噛むほど甘みが出てくる香り高い蕎麦が特徴です。天ぷらは5種類以上の旬食材を使用し、ボリュームのある一皿になっています。蔵王エコーラインを走る前のランチにおすすめです。

●遊季亭 まるふく
●住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉清水原1-48
●営業時間:11:00~15:00 水曜定休日

3.そば処 庄司屋 (山形県山形市)

相もり板 1,780円
引用元:庄司屋 公式サイト

山形で一番の老舗そば屋といわれている庄司屋。そば粉十割、つなぎ一割の「といちそば」と甘みと香りが強い「さらしなそば」の2種類があり、どちらもコシが強くのどごしのいいお蕎麦です。

●そば処 庄司屋
●住所:山形県山形市幸町14-28
●営業時間:12:00~15:30 / 17:00~20:00 月曜定休日
そば処 庄司屋公式サイト
※最新の情報は公式サイトをご確認ください


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

東北のツーリングの際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


4.いでは (山形県山形市)

手打ちそば並盛り 880円

石臼挽きのそば粉と、蔵王の天然水を使用しているいではの蕎麦は、太めでコシが強く、食べ応え抜群の蕎麦。まろやかなそばつゆもクセになるおいしさです。

●いでは
●住所:山形県山形市元木1丁目1-14
●営業時間:11:00~15:00 月曜定休日
いでは公式サイト
※最新の情報は公式サイトをご確認ください

5.千利庵 (山形県白鷹町)

山形県白鷹町は穴場そばの里。朝日山連峰と最上川を望める自然豊かな場所にある千里庵は、十割のもりそばのみを提供する人気そば店です。白い細めの蕎麦は香りも高く、ツルツルとした食べやすさが特徴です。

●千利庵
●住所:山形県西置賜郡白鷹町広野1656
●営業時間:11:00~14:00 水曜定休日
千利庵公式サイト
※最新の情報は公式サイトをご確認ください

ゲストハウス66発 蕎麦ツーリングおすすめ観光ルートガイド

宮城から山形へ向かう蕎麦ツーリングにおすすめのコースをご紹介します。ご紹介した蕎麦屋に立ち寄りやすいだけでなく、観光も楽しめるコースとなっているので、東北ツーリング2日目のツーリングルートにおすすめです!

◆ゲストハウス66出発

ライダー歓迎宿ゲストハウス66では、ライダー特典として車体拭き用クロスや消臭スプレーを無料で貸出しています。愛車をピカピカにしたら蕎麦ツーリングスタートです!

◆蔵王エコーライン

宮城県と山形県を繋ぐ絶景山岳ロードの一つ、蔵王エコーライン。春は雪の回廊、夏は新緑、秋は紅葉を楽しめるツーリングロードです。

◆蔵王の御釜

蔵王刈田駐車場から徒歩約2分の場所にあるのが、蔵王の御釜。御釜とは火口湖の事で、エメラルドグリーンに輝く美しい湖面を眺める事ができます。東北へツーリングに来た際はぜひ訪れたいスポットの一つです。


ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから

東北のツーリングの際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


◆ぐっと山形

山形県に入り、最初の休憩スポットにおすすめの山形県観光物産会館、ぐっと山形。山形の名産品や、ご当地グルメの玉こんにゃくや、米沢牛などを楽しめます。とにかく圧巻の品揃えで、お土産選びに困ることはありません。

◆道の駅 白鷹ヤナ公園

最上川沿いにある道の駅 白鷹ヤナ公園。鮎の産地ならではの鮎の塩焼き等の地元グルメやお土産の購入にもおすすめのスポットです。

宮城・山形蕎麦ツーリングルートマップ

東北ツーリングの拠点宿におすすめ ゲストハウス66

東北ツーリングの際はライダー歓迎宿に宿泊をして、快適なツーリング旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。東北ツーリングの拠点におすすめの宿、ゲストハウス66をご紹介します。

◆屋内無料駐車場を完備

1階エントランスホールには、最大3台までバイクを停める事が可能です。屋外駐車場には10台駐車可能なため、マスツーリングにもおすすめです。

◆リーズナブルな宿泊プラン

ドミトリー
ツインルーム

ゲストハウス66には相部屋タイプのドミトリーと、個室タイプのツインルームがございます。ドミトリーは2,800円~、ツインルームは4,800円~とリーズナブルな価格でご宿泊いただけます。

◆地元食材を使用したグルメも楽しめる

宿から徒歩1分の場所にあるRestaurant&Bar Panchでは地元の食材を使用した絶品グルメを提供しています。地酒を飲みながらゆっくりと地元グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。夕食付宿泊プランもご用意しております。
食事付プランの詳細はこちら

ゲストハウス66のご予約はこちら

ゲストハウス66では、ライダー歓迎の宿として、東北ツーリングを楽しむ皆様の旅をサポートいたします。これからの季節はツーリングに最適なシーズンとなりますので、ぜひ東北に出かけてはいかがでしょうか。その際はぜひ当館をご利用ください。バイク乗りの皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


東北ラーメンツーリング福島中通り編
福島喜多方ラーメン大特集
関東発 猪苗代湖から宮城へツーリングガイド

  • コメント: 0

関連記事

  1. 宮城県南へ一泊二日のインスタ映えグルメ・スイーツ旅!フォトジェニックでボリューミーな地元の名店、知る人ぞ知る女子旅におすすめの映え宿をご紹介!

  2. 【東北ツーリング】伊達政宗ゆかりの地を巡る歴史コース後編。宮城、山形二県を効率よく満喫する観光ルートを一挙公開

  3. 南東北サイクリングコースナビ)福島市から宮城県角田市の自転車歓迎の宿まで、阿武隈川沿いの心地よい川沿いルートと休憩スポットをご紹介します。

  4. 宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介。秋ツーリング定番の紅葉巡りルートを、エリア毎の道路別に厳選しました。

  5. 蔵王のお土産にぴったり。宮城の若手杜氏家が手掛ける蔵王酒造の魅力。東北の地酒が飲み比べられるレストランも併せてご紹介

  6. 春ツーリングは宮城がオススメ)バイクと泊まれる宿、GUESTHOUSE66を拠点にした桜ツーリングスポットをご紹介。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。