fbpx

夏の東北ツーリングの楽しみ方と暑さ対策アイテムをご紹介)夏の東北は海に山に川もあり、キャンプ等、涼を感じる事ができるスポットが満載です。

本格的な暑さが続く季節に、避暑と夏の風情を求めてツーリングするなら東北がオススメです。東北には、海岸沿いや山岳ロード等、涼を感じられる絶景スポットが満載です。本記事では、夏の東北の見どころポイントと、暑さ対策でオススメの服装や携行アイテム、夏特有の気候をご紹介します。夏の東北旅を計画する上で参考にしてはいかが。

※ 記事は2020年6月22日公開時点の最新情報です。

目次

  • 東北の夏ツーリングの楽しみ方
    • 東北名物ワインディングロードを楽しむ
    • 太平洋を一望できる海沿いを楽しむ
    • ご当地夏グルメを満喫する
    • キャンプ場への宿泊もオススメ
  • 東北の夏ツーリングで気をつけたいポイント
    • 夏のジャケット等の服装の注意点
    • 熱中症・暑さ対策に便利なアイテム
    • 急な天候の変化に注意
    • 小まめに休憩を
  • 東北ツーリングでオススメの宿、ゲストハウス66
    • ゲストハウス66の特徴
    • お得なライダー向けサービス
    • 宿泊者限定の食事プラン
    • 予約はロク直がオススメ
  • ゲストハウス66のご予約はこちら

東北の夏ツーリングの楽しみ方

◆ 東北名物ワインディングロードを楽しむ

東北ツーリングの醍醐味といえば、絶景ワインディングロードの走行ですよね。夏は春の残雪も溶け、新緑の山々の風景を体感できる絶好の機会です。東北にはライダー垂涎の山岳ルートの名道が多数あります。
磐梯吾妻スカイライン(福島県)
蔵王エコーライン(宮城県・山形県)
八幡平アスピーテライン(岩手県・秋田県)
鳥海ブルーライン(山形県・秋田県)
ロングツーリングの旅の計画を立てて、東北ワインディングロードを制覇を目指してみては。

◆ 太平洋を一望できる海沿いを楽しむ

夏の東北ツーリングを楽しむなら、海沿いのドライブもオススメです。壮大な太平洋の景色を横目に、心地よい海風を感じながらツーリングを楽しむ事ができます。日本三景に選ばれている松島湾(宮城県)や、浄土ヶ浜(岩手)などの景勝地を目的地にしてツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆ ご当地夏グルメを満喫する

出典:大間観光情報サイト 福寿司

ツーリングの楽しみの一つといえば、ご当地グルメですよね。東北には各地に美味しい食材があります。夏の旬のグルメといえば、青森県のマグロや岩手県のウニ、宮城県のカツオが有名です。東北の漁港でも水揚げされた新鮮な海の幸を、その場で味わう事ができます。夏の東北に来た際は、旬の食材もご堪能ください。

◆ キャンプ場への宿泊もオススメ

夏の東北は、夜になると満天の星空が広がります。東北の広大な自然を存分に体感したい方はキャンプ場へ宿泊し、夜は満天の星空を眺めて癒されてはいかがでしょうか。なお、東北にはバイク乗り入れ可能なキャンプ場が多数あります。詳しくはこちらの記事を参照ください。

ゲストハウス66の空き状況確認はこちらから


東北の夏ツーリングの際は、ゲストハウス66がオススメです。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。ゲストハウス66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


東北の夏ツーリングで気をつけたいポイント

◆ 夏のジャケット等の服装の注意点

出典:バイクパーツセンター楽天市場店

東北の夏ツーリングを楽しむ上で気をつけなければいけないポイントが服装です。東北というと関東より涼しいイメージがあるかもしれませんが、夏場の日中の気温はさほど変わりません。夏定番アイテムのメッシュジャケットや吸汗速乾のインナー、メッシュパンツ等を着用して暑さを凌ぎましょう。暑いからといって、くれぐれも半袖や半ズボン等の軽装はNGです。なお、夏場でも標高が高いエリアでは朝方や夜は気温が下がりますので、薄手のジャケットは常に携帯しておきましょう。

◆ 熱中症・暑さ対策に便利なアイテム

出典:空調服専門サイト

夏ツーリングで気を付けなければいけない点が熱中症対策です。メッシュジャケット、パンツはもちろんのこと、最近ではファン付きの空調服が人気です。風通しが良いメッシュ製のグローブや、シューズも定番アイテムです。また、走行中はなかなか水分補給ができない事もあります。その場合は、気軽に塩分チャージできるタブレットを、ジャケットのポケットに入れておくと便利ですよ。
メッシュジャケット
メッシュグローブ春夏モデル
ドライマスター カーゴ パンツ
シャツクール 冷感ストロング
カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ

◆ 急な天候の変化に注意

出典:モンベルオンラインショップ

夏場は急な天候の変化に注意です。ツーリングは長距離移動となりますので、時には急な雨に当たってしまうこともあります。出発時は晴れていたとしても、天気予報のアプリ等で雨雲レーダーを都度チェックするようにしましょう。レインジャケットは必須アイテムです。
U.L.サイクル レインジャケット

◆ 小まめに休憩を

東北ツーリングは移動時間も長くなりがちです。東北の各地には道の駅がありますので、小まめな休憩を心掛けましょう。道の駅にはその土地の地場産品や、お土産を購入する事もできます。東北の道の駅についてはこちらの記事で紹介しております。

東北ツーリングでオススメの宿、ゲストハウス66

◆ ゲストハウス66の特徴

阿武隈急行 角田駅から徒歩1分の場所にございます。

弊社が運営するゲストハウス66は仙台、福島方面へ約1時間でアクセスできる立地に位置しています。関東方面からは東北自動車道を経由し、約4時間でアクセスできる距離にあります。

◆ ライダー向けサービス

1階エントランスホールにバイクの駐輪スペースがございます。

当館ではライダー向けに様々なサービスをご用意しております。
詳しくはこちらを参照ください。

◆ 宿泊者限定の食事プラン

宿泊者限定の鴨しゃぶコースプラン (写真は2人前)

せっかく東北に来たなら、地方の名産品を食べてみたい、という方にオススメなのが、宿泊者限定の鴨しゃぶコースプランです。宿泊料金に+2,500円で、宮城県角田市のブランド鴨である野田鴨のしゃぶしゃぶを夕食で提供しています。朝食はお客様のご要望の時間にご用意いたしますので、朝の早いライダーの方も安心して召し上がれます。当館のプラン一覧はこちらからご覧いただけます。

◆ 予約はロク直がオススメ

予約には最安値のロク直がオススメです。ロク直でご予約いただいたお客様には様々な特典をご用意しております。詳しくはこちら

ゲストハウス66のご予約はこちら

今回は東北の夏ツーリングの楽しみ方と、気を付けるポイントをご紹介しました。夏の東北は新緑の風景や満天の星空、旬のグルメ等、楽しめるポイントが満載です。暑さ対策を充分にして、夏の東北ツーリングを楽しんでくださいね。また、東北へお越しの際には、ぜひ当館をご利用ください。スタッフ一同、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


マツコの知らない世界でも話題のご当地缶詰)宮城のご当地絶品缶詰をご紹介
東北屈指の人気ツーリングスポット、蔵王エコーラインをご紹介
宮城県県南エリアのツーリング穴場スポットをご紹介

関連記事

  1. 宮城のツーリング向きキャンプ場をご紹介。数ある宮城のキャンプ場で、キャンプツーリングに失敗しないポイント、オススメキャンプ場をご紹介します。

  2. 宮城のライダーハウスをご紹介。無料駐車場がある宿や、バイク乗りが多い宿など、東北ツーリングのライダーに優しい宿を、エリア毎にご紹介します。

  3. 東北ツーリングのガイド情報。東北ツーリングに相応しい服装や装備、人気の季節や気候、仙台などの宿泊場所やキャンプ場での注意点などをご紹介。

  4. 東北屈指の人気ツーリングスポット、蔵王エコーライン。ご当地グルメや温泉、バイク歓迎の宿等、蔵王ツーリングの見どころとオススメルートをご紹介。

  5. 宮城県南は四季折々の魅力が満載です。地元宮城ライダーならでは視点で、走って楽しい絶景、爽快ポイント等、穴場ツーリングスポットをご紹介します。

  6. 宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介。秋ツーリング定番の紅葉巡りルートを、エリア毎の道路別に厳選しました。