fbpx

宮城県の人気サイクリングイベント、サイクルフェスタ丸森2019をご紹介。食欲の秋を楽しむファンライドのイベント情報をまとめてご紹介します。

サイクルフェスタ丸森2019は、第7回目となる宮城県丸森町の人気サイクリングイベントです。阿武隈川沿いと自然豊かな山間部を走行しながら、地元の食材を楽しむ事ができます。リピーターも多く、参加者に愛されるイベントとして注目を集めています。ファンライドのイベントならではの、お楽しみポイントをご紹介します。

※ 記事は2019年9月29日公開時点の最新情報です。

目次

  • サイクルフェスタ丸森とは
  • サイクルフェスタ丸森2019のポイントをご紹介
    • 家族で楽しめる赤いもん祭り
    • 複数のエイドステーションで地元グルメを満喫
    • 地元の温かい声援
    • 田舎の街並みと自然景観が楽しめる
    • 充実の参加賞と豪華景品が当たる抽選会
    • 丸森町で同日開催イベントのMARUVÉLOをご紹介
  • サイクリストにオススメのGUESTHOUSE66紹介
  • まとめ

サイクルフェスタ丸森とは

サイクルフェスタ丸森とは、宮城県丸森町で2013年にスタートしたサイクルイベントです。参加することで元気になるというテーマのもと、2019年で第7回目の開催となります。2018年より駐車場も増設する程、すっかり秋の風物詩として定着した人気イベントです。幅広い年齢層に支持されている理由の一つは、ファンライドのイベントなので、丸森町の景観を楽しみながら走行できる事です。親子で参加できるコースや、イベントが用意されているのも嬉しいポイントです。さらに、グループでの申し込みには、グループ単位での全員当確または、全員不当確という配慮がなされています。サイクルフェスタ丸森2019の魅力的なポイントを、以下でご紹介します。

サイクルフェスタ丸森2019のポイントをご紹介

家族で楽しめる赤いもん祭り

2018年からは、フードイベントの赤いもん祭りも同時開催され、複合サイクルイベントとして、ご家族でも楽しむ事ができます。赤いもん祭りは、東北の赤いものを食べて元気になるというコンセプトに基づき、赤い食べ物のブースが立ち並びます。ステージイベントが充実しているのも、嬉しいポイントです。2019年のプログラムの予定は、BMXパフォーマンス、Tae-chuコンサート、YouTuber @miho_takasaka MIHO氏トークショーなど盛沢山です。出走者の待ち時間や、コース走行後にも楽しい時間を過ごす事ができます。

複数のエイドステーションで地元グルメを満喫

各コースに設置されたエイドでは、地元グルメを満喫する事ができます。エイドは、ロングコースとミドルコースに3箇所、ショートコースに1箇所の設置が予定されています。サイクルフェスタ丸森は、ゴールした後にもお食事が振舞われるという、徹底したおもてなしぶりです!

地元の温かい声援

サイクルフェスタ丸森には、地元の方たちがサポートし、沿道で応援している田舎ならではの温かい雰囲気があります。畑仕事をしているおばあちゃんから手を振られる等、丸森ならではの光景です。アットホームな雰囲気に包まれながら、気持ち良く走行できるサイクルイベントです。

田舎の街並みと自然景観が楽しめるコース

サイクルフェスタ丸森では、変化に富んだコースの走行を楽しむ事ができます。齋理屋敷が残る街並み、田園風景、緑豊かな山間部、昔ながらの農村風景、阿武隈川、宇多川湖など、様々な景観を走り抜けます。また、親子参加や初心者の方には、気軽にママチャリでも参加できる、平坦なスーパーショートコースもオススメです。


GUESTHOUSE66の空き状況確認はこちらから

遠方からのサイクリストの方にオススメの宿がGUESTHOUSE66です。サイクリスト向けのサービスを複数ご用意しております。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。GUESTHOUSE66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


充実の参加賞と豪華景品が当たる抽選会

バックに入った参加者景品が、毎年充実していると好評です。2019年のバックは、地元の伊具高校デザインの大きめサコッシュだそうです。今回はどんなデザインになるのか楽しみですね。そして、豪華景品が当たると話題の抽選会もあります。毎年楽しみにされている方も多い、大人気のイベントです。

丸森町で同日開催イベントのMARUVÉLOをご紹介

第2回となるMARUVÉLOが、サイクルフェスタ丸森2019と同日の10/5に開催されます。自転車と旅とアートがテーマの複合型カルチャーイベントです。コンテンツは、マーケットブース、音楽、カフェ、ワークショップ、アート等があり、様々な催しを一堂に楽しめます。また、自転車がテーマではありますが、自転車好きでない方も楽しめるのが嬉しいポイントです。会場となる齋理屋敷は、国の登録有形文化財であり、丸森町のシンボル的な存在です。見ごたえのある施設で、多彩な催しが参加者を出迎えてくれるイベントです。
詳しくは下記のリンクをご覧ください。
MARUVÉLO公式サイト

サイクリストにオススメのGUESTHOUSE66紹介

ツインルーム:ソファもございますので、部屋内でもゆっくりくつろいでいただけます
ドミトリー:それぞれのベッドは、カーテンとボードでプライバシーが確保できます

サイクルフェスタ丸森にオススメの宿としてご紹介するのは、東北ルート66が運営するGUESTHOUSE66です。角田市の阿武隈急行線角田駅から徒歩1分の位置にあります。交通量も少なく、アクセスしやすい立地です。会場までは車で15分程ですが、スタート時間が朝早い方でも、ご希望の時間にチェックアウトできるので安心です。当館にはサイクリストの方に嬉しいポイントとして、屋外の広い駐車スペースと、屋内の駐輪スペースがあります。さらに、簡単なメンテナンススペースがあるのも、サイクリストの方に喜ばれています。自転車の配送受け取りも可能です。

ゲストハウスである当館では、お部屋以外のバス・トイレやリビング、キッチンを共同で利用します。共用スペースでは、ゲスト同士の交流が楽しめます。入浴はチェックイン後即利用可能なので、サイクルフェスタ丸森でかいた汗をさっぱりできます。入浴後にオススメしたいのが、地元食材を楽しめるお食事です。当館にはオプションで食事付きのプランもあり、食事を目当てにリピートするゲストもいるほどです。当館の食事を提供しているのは、宿から徒歩1分にある系列店のレストランPanchです。Panchでは地産地消にこだわり、産地ならではの食事を楽しむ事ができます。

出発の朝には無料朝食をお召し上がりいただく事も可能です。チェックイン時に朝食希望とスタッフにお声がけください。翌朝5時からでもお好きな時間にセルフで食べれる朝食コーナーを、リビングのカウンターにご用意いたします。朝食の内容は、炊き込みご飯、茹で卵、味付き海苔、味噌汁となっております。ゲストハウス66は宮城県の県南エリアにある、サイクリストにオススメの宿泊施設です。

  • 住所:宮城県角田市角田字泉町66
  • 会場までの所要時間:車で15分
  • 駐輪所:屋内駐輪スペース、スタンドあり
  • メンテナンススペース:屋内メンテナンススペースあり
  • チェックイン15:00~21:00、チェックアウト10:00
  • 宿泊料金:ドミトリー素泊り2,980円~
         ツインルーム素泊り一人4,900円~
         ツインルーム素泊り二人9,400円~
  • 朝食:ご希望のサイクリストに無料でご提供
  • 電話番号:0224-61-0234
  • Wi-Fi:無料

まとめ

サイクルフェスタ丸森2019は、ご紹介したように魅力的なポイントが多く、一日楽しめるイベントです。抽選で外れてコースを走行できない方でも、楽しめる仕掛けが沢山あります。興味を持たれた方は、ぜひ10/5に丸森町に足を運んでみてはいかが。


オススメ記事
サイクルフェスタ丸森2019のコースをご紹介
サイクルフェスタ丸森2019にオススメの宿をご紹介
宮城県南地域のご当地グルメをご紹介

関連記事

  1. 宮城県丸森町で開催されるサイクルフェスタ丸森2019のコースをご紹介します。様々な景観を楽しめる3つのコースがあります。

  2. 宮城へのツーリングでオススメしたい道の駅をご紹介。道の駅は、ライダーにとって休憩所、地元グルメ、情報収集等の嬉しいポイントばかりです。

  3. 2020年最新版)ライダーが心がけたいコロナ対策8選。自粛ムードでも安心安全に楽しめる新しいツーリングスタイルをご紹介します。

  4. 宮城へのツーリングでオススメの紅葉スポットをご紹介。秋ツーリング定番の紅葉巡りルートを、エリア毎の道路別に厳選しました。

  5. 9月下旬~11月上旬が見頃)2020年蔵王ツーリングでオススメの絶景紅葉スポットをご紹介。名所から穴場スポットまで、秋の蔵王は見所満載です。

  6. 東北ツーリングのガイド情報。東北ツーリングに相応しい服装や装備、人気の季節や気候、仙台などの宿泊場所やキャンプ場での注意点などをご紹介。