fbpx

ARABAKI ROCK FEST 2023の宿泊場所はリーズナブルなゲストハウスがお勧め。アラバキロックフェスの駐車場や宿泊場所、荷物等の悩みを解決!

東北を代表する野外フェスARABAKI ROCK FEST。自家用車での拠点には、宮城のGUESTHOUSE66がオススメです。仙台よりもアクセスが便利な当ゲストハウスに拠点を確保して、万全な体制でアラバキ2022に参戦しましょう!当館の無料駐車場やレイトチェックイン、お風呂等のメリットをフル活用してみてはいかがでしょうか。

※※※ 開催前日の4月28日、当日の4月29日、30日の予約状況のお知らせです。※2月8日(水)現在
・4月28日(木)ツインルーム残り2部屋 男女混合ドミトリー残り4ベッド
・4月29日(金)ツインルーム2部屋 男女混合ドミトリー4ベッド
・4月30日(土)ツインルーム残り2部屋 男女混合ドミトリー4ベッド
まだ空き室はございますが、例年開催の2か月前には満室となります。
ご希望の方はお早めにお問合せください。 お問い合わせはこちら

※ 記事は2023年2月8日公開時点の最新情報です。

目次

  • ARABAKI ROCK FEST.23
    • アラバキロックフェス
    • アラバキの宿選びの注意点
  • ARABAKI会場へのアクセス
    • 仙台駅発のシャトルバスをご利用の場合
    • 自家用車で会場までアクセスの場合
  • 宿の駐車場と当日の会場へのアクセスについて
  • GUESTHOUSE66を拠点にするメリット
    • 宿の場所
    • レイトチェックイン
    • 簡易チェックアウト
    • ご希望のゲストには無料で朝食を提供
    • 部屋数以上の無料駐車場
    • お風呂は朝10時まで利用可能
    • 荷物お預かりサービス
    • ランドリーサービス
    • 電源
    • 買い出し
    • 料金
    • 会場へのアクセス
  • まとめ

ARABAKI ROCK FEST.23

◆ アラバキロックフェス

出典:音楽ナタリー

ARABAKI ROCK FEST.(以下、アラバキ)は東北最大級の野外音楽フェスです。 2020年・2021年は新型コロナウイルスの影響で開催中止となってしまいましたが、2022年に3年ぶりの開催となりました。コロナ禍前までは年々参加者が増加し、東北の春の風物詩となっています。2023年は、『THE FIRST SLAM DUNK』劇中音楽でも話題の10-FEET、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ACIDMAN、マカロニえんぴつ、東京スカパラダイスオーケストラ、THE BACK HORN、水曜日のカンパネラなど、豪華なアーティストが出演予定です。

  • 開催日:2023年4月29日(土)~4月30日(日)
  • 時間:開場9:30 ※雨天決行
  • 会場:みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
  • 住所:〒989-1503 宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原254
  • 公式サイトURL
    *ARABAKI ROCK FEST.23の最新情報は、イベント公式ホームページを参考にして下さい。

◆ アラバキの宿選びの注意点

毎年参加者の悩みの種となるのが、宿泊施設選びと会場へのアクセスです。アラバキの特徴でもある公園内でのテント泊も可能ですが、多くの参加者が近隣の宿泊施設を探されます。アラバキ開催期間は、会場のある宮城県川崎町と近隣市町に加えて、仙台市の宿までが予約困難となります。宿の予約は、アクセス性や条件を確認の上、早々に済ませる事が必要です。

ARABAKI会場へのアクセス

アラバキ会場へのアクセス方法は、大きく分けて以下の二通りです。

  • JR仙台駅発のシャトルバス(新幹線、在来線、飛行機でお越しの方)
  • 車/バイク
出典: ARABAKI ROCK FEST.23 公式サイト

仙台駅発のシャトルバスをご利用の場合

電車や新幹線、飛行機で宮城に来られる方は、仙台駅発の臨時シャトルバスを利用することができます。シャトルバスを利用の際は、シャトルバス券の購入が必要となります。公式サイトでも仙台駅発シャトルバスの詳細がまだ未公開ですので、随時公式サイトをチェックしましょう。

>>公式サイト アクセスインフォメーション

◆ 車/バイクで会場までアクセスの場合

出典: ARABAKI ROCK FEST.23 公式サイト

自家用車で会場入りする場合に気を付けたいのが、会場の駐車場問題です。公式駐車場はチケット制となり、事前予約が必要です。公式駐車場には、会場徒歩圏内のP1駐車場と、会場まで無料シャトルバスを利用できるP2駐車場があります。会場外のP2駐車場から会場までは、シャトルバスで15~30分ほどの距離があります。条件の良いP1のチケット入手はかなりの激戦区です。駐車券の当日販売はありませんので、お早めに事前に駐車券を購入しておきましょう。なお、バイクまたは自転車で来場の方は、駐車券は不要となっています。P2駐車場内にある無料駐輪場に停車する事ができ、会場までは無料シャトルバスを利用する事ができます。

>>公式サイト アクセスインフォメーション

なお、公式駐車場の他に、実は多数の民間駐車場が運営されている事をご存知でしょうか。民間駐車場探しのノウハウは以下の記事がオススメです。

>>アラバキロックフェスは民間駐車場が圧倒的に便利でオススメ!

宿の駐車場と当日の会場へのアクセスについて

出典:くろてんさんによる写真ACからの写真 

宿泊する宿の駐車場にも注意が必要です。仙台の市街地のビジネスホテル等を予約すると、駐車料金が発生する事もあります。さらに、仙台市内で宿泊する最大のデメリットが、朝のアクセス時の交通渋滞です。仙台市内から会場の川崎町を繋ぐ国道286号が大混雑します。そこで、宿泊地としてオススメしたいのが、仙台市よりも南に位置する角田市です。通常の移動時間は、角田市からの方が10分程多くかかりますが、フェス当日は絶対に早いです!さらに、野外フェス特有の問題を解消できるのが、弊社が運営しているGUESTHOUSE66です。以下では、当館をフェスの拠点として利用するメリットをご紹介します。


GUESTHOUSE66の空き状況確認はこちらから

宮城での滞在にはGUESTHOUSE66がオススメです。良心的な価格と、地域の食材が味わえるレストランもございます。当館の空き状況の確認及び予約確認は、下記の電話番号、もしくはフォームからお問い合わせ下さい。GUESTHOUSE66ではドミトリー、ツインルームの空き状況を確認し、折り返しご連絡させて頂きます。


GUESTHOUSE66を拠点にするメリット

◆ 宿の場所

GUESTHOUSE66は、宮城県の県南エリアの角田市に位置しています。阿武隈急行線角田駅から徒歩1分の分かりやすい立地です。会場までの通常の所要時間は、約50分ほどです。アラバキ開催時の当館は、参加者のゲストで毎年満室となります。

◆ レイトチェックイン

終演予定が21時のアラバキ参加者のほとんどが、チェックイン時間の期限である21時を過ぎて到着されます。当館では、23時に戸締りと館内消灯となりますが、アラバキの参加者限定で24時までのチェックインを対応させていただきます。アラバキやコンサート限定の措置です。

◆簡易チェックアウト

慌ただしい朝は簡単にチェックアウトを済ませたいですよね。当館は事前決済ですので、朝は鍵とチェックアウトカードをお渡しいただくだけで、チェックアウトができます。

◆ご希望のゲストには無料で朝食を提供

ゲストハウス66では、ご希望の方に人数分の無料朝食を提供しております。旅先での朝食に困る事が多いですよね。簡単な朝食があるだけでも嬉しい!とのご要望にお応えして、朝食の提供をスタートいたしました。無料朝食の内容は、炊き込みご飯、茹で卵、味付き海苔、味噌汁となります。朝食希望とお伝え頂いた全ての方に、朝食をご用意させていただきます。お気軽にお声がけください。

◆部屋数以上の無料駐車場

敷地内に8台まで駐車可能なスペースがあり、宿泊者は無料でご利用頂けます。部屋数以上の駐車台数がありますのでご安心下さい。

◆お風呂は朝10時まで利用可能

当館の入浴時間は、チェックイン開始の15時から翌日10時までとなります。アラバキ開催時期の宮城は日中温かくなり、一日動く事で汗をかきますよね。また、この時期は雨天となる事もあります。当館はフェスで帰りが遅くなっても問題なく入浴できるので安心です。共同利用のバスルームが一つあるので、お一人様30分以内で順々に入浴頂きます。

◆ レンタルタオル

フェイスタオルとバスタオルのレンタルが、どちらも100円で利用可能です。少しでも荷物を減らしたい方はぜひご利用下さい。

◆ 荷物お預かりサービス

出典:Unsplash_ STIL@stilclassics

荷物の保管サービスもご利用いただけます。また、連泊の方は当館を拠点にして頂ければ、荷物の出し入れ等をご自分で管理できるので、大変オススメです。

◆ ランドリーサービス

フェスでは、汗や雨で服やタオルが濡れてしまう事がよくありますね。当館では300円でランドリーサービスがご利用可能です。当日の受け渡しは21時の受付までとなります。ランドリーバックに洗濯物を入れて、スタッフにお渡し下さい。乾燥機はございませんので、その点ご了承ください。車で3分の位置にコインランドリーもございます。

◆ 電源

部屋タイプは、2段ベッド相部屋の男女混合ドミトリーと、個室のツインルームがございます。2段ベッドの各ベッド、個室にもコンセントがありますので、携帯等の充電にも困りません。

◆ 買い出し

食料や飲み物、備品の買い出しができるお店も気になりますね。当館からは、車で3分の位置にコンビニと大型スーパーがあるので、買い出しにも便利な立地です。

◆ 料金

ゲストハウスなので、お手頃な宿泊料金も嬉しいポイントです。部屋タイプは、2段ベッド相部屋の男女混合ドミトリー、個室のツインルームの2種類があります。当館の4月28日(木)~5月1日(日)の宿泊料金は、各部屋以下の通りです。

  • 男女混合ドミトリー 3,800円/人
  • ツインルーム 11,800/室(2名まで)
ドミトリーのそれぞれのベッドは、カーテンとボードでプライバシーが確保できます。
ツインルームにはソファもございますので、部屋内でもゆっくりくつろいでいただけます。

◆ 会場へのアクセス

当館から会場のエコキャンプみちのくまでは、通常車で約50分です。ゲストハウスを出発して、国道113号、蔵王さくらロード、県道14号を通り、会場へアクセスします。公式サイトでも注意を呼びかけている、国道286号を避ける事ができます。

まとめ

GUESTHOUSE66には、2023年のアラバキ参加者の方々にとって、豊富なメリットがあります。ぜひ当館で準備を万全にして、ARABAKI ROCK FEST.23に参戦してはいかがでしょう。スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしています。気になる点はお気軽にご連絡くださいね。


宮城県県南エリアのアクティビティをご紹介
宮城県南地域のご当地グルメをご紹介
コスパ最高の蔵王のスキー場とゲストハウスの楽しみ方

関連記事

  1. 宮城県南へ一泊二日のインスタ映えグルメ・スイーツ旅!フォトジェニックでボリューミーな地元の名店、知る人ぞ知る女子旅におすすめの映え宿をご紹介!

  2. 東北の有名ブランド豚を食べ比べ。宮城県南部にある大人の雰囲気漂うレストランで、身も心も温まる新しいコースメニューがスタート

  3. サイクルフェスタ丸森2019が宮城県丸森町で開催されます。遠方からの参加者のために、丸森町周辺の宿泊施設をご紹介します。

  4. 宮城県でおこもりステイをしよう!おこもりステイの過ごし方と、オススメのおこもりステイ宿をご紹介

  5. 阿武隈急行線で宮城・福島 鉄道グルメ旅!福島駅~角田駅編)あぶ急沿線グルメ・観光スポット・鉄印帳や記念スタンプ・鉄道ファンにおすすめの宿をご紹介

  6. SNSで世界的に広まった宮城蔵王にあるキツネ村。宮城県角田市の宿から、キツネ村へのアクセス(車で30分)をご紹介。