fbpx

宮城県版GoToトラベル『みやぎ宿泊割」を利用して、宮城県南から北上して仙台観光を楽しむシリーズ①初心者・ 北上編

宮城県版GoToトラベルである『みやぎ宿泊割』を利用して角田から仙台へ観光を楽しむ宮城北上旅をシリーズでやっていきます。1回目となる今回は初心者編です。

目次

  • 逆にみやぎ宿泊割を利用して
    県南から仙台観光してみるってのはどうでしょう。
  • 1回目なのでまずは
    無難なルートを北上して
    仙台を目指しましょう。
  • とりあえずホームタウンの
    角田市からスタートします。
    • 角田市の北側にある市町村を把握しておきますと、
    • 利用する道路はというと、
    • 角田から通過順に仙台を目指すと、
      なんとなく予想できる観光ルートとしては、
  • ということで、実際に出発進行
    • 泉南地域の北側の
      阿武隈川と田園風景で目にご馳走を。
    • そして岩沼市の竹駒神社で、参拝して心身を清め、
    • 名取で本場のせり鍋を堪能し、
    • そして仙台入り
  • 次回予告は「仙台観光堪能編」です。

逆にみやぎ宿泊割を利用して
県南から仙台観光を

してみるってのはどうでしょう。

これまで、宮城県南の観光情報を
メインにお届けしてきた
東北ルート66ですが、

今回は、宮城県南側から、
仙台に向けて観光する場合、
どうやって楽しい仙台観光を
することができるだろうかという
ふとした問いから、
こちらの企画を敢行することになりました。

是非、宮城県南側から
仙台観光する際に参考に
していただけると幸いです。

角田から仙台は、
大体真北に北上する形ですね。

とりあえずホームタウンの
角田市からスタートします。

まずは、我々東北ルート66の本拠地が
所在する角田市よりスタートします。

角田市の北側にある市町村を把握しておきますと、

順番に、同じ泉南地域である
柴田町
次に本当にうまい宮城のラーメン屋さんが
たくさんある事で有名な、
岩沼市
そして、もはや説明するまでもなく、
せり鍋と言ったらここ
名取市
そして、名取市を通過すると、
仙台に到着。

こんな地理状況になっています。

利用する道路はというと、

角田から泉南地域を抜けるまでは、
国道349号線
岩沼市に入ったあたりから仙台までは、
国道4号線

を利用して北上していく形になります。

角田から通過順に仙台を目指すと
なんとなく予想できる観光ルートとしては、

角田から柴田町を抜けるまでの国道349号線ルート上は、
阿武隈川沿いのキレイな田園風景を眺めながら北上し、

岩沼市では本当にうまい宮城のラーメンたちを
食するのはグッと我慢をしつつ、
日本三大稲荷のひとつとも言われる
竹駒神社を参拝して、名取へ北上。

そして、名取市ではやはりせり鍋を堪能して、
仙台入りをする。

こんな観光プランが一回目宮城県南側から、
仙台にむけての観光プランとしては
無難のではないかなと負います。
(回を重ねるごとに、マニアックさが増していくと
 楽しさも倍増することでしょう。)

ということで、
実際に出発進行

泉南地域の北側の
阿武隈川と田園風景で
目にご馳走を

国道349号線沿いは、
普通にこんな感じのキレイな風景が
どこもかしこもで楽しめます。

そして岩沼市の竹駒神社で、
参拝して心身を清め、

名取で本場のせり鍋を堪能し、

名取で採れるせりの
根っこの太さは
日本一と言っても
過言ではないでしょう。
宮城県南北上旅なので、
大体到着は夜かな?
仙台を楽しむのは翌日
思いっきり楽しみましょう。

次回予告は
「仙台観光堪能編」です。

次回は、仙台に宿泊後、
仙台駅周辺を楽しむ回をお送りします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. SNSで世界的に広まった宮城蔵王にあるキツネ村。宮城県角田市の宿から、キツネ村へのアクセス(車で30分)をご紹介。

  2. 宮城週末1泊2日サイクリング旅 後編)前編の熊野三社巡りから、後編はいよいよ芭蕉の足跡探訪と雄大な阿武隈川沿い自転車コースのご紹介です。

  3. 秋の道の駅かくだは魅力的なイベントが沢山。秋のイベントご紹介シリーズ①「食と農・プラスの学びの旅」納豆工場 里芋掘りと「あぶくま納豆」工程見学

  4. 「県民割」年明け 地域ブロックに拡大“GoTo”は…とうとうみやぎ宿泊割キャンペーンのサービスが県外の方たちにも適応されるのか?!シリーズ

  5. 宮城県南、仙南地域の田園風景マリアージュを探す旅中編。観光の拠点として最適なゲストハウス宿と地の物を味わえるレストランの紹介も。

  6. 春ツーリングは宮城がオススメ)バイクと泊まれる宿、GUESTHOUSE66を拠点にした桜ツーリングスポットをご紹介。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。